ヒト起源について-4

| コメント(0) | トラックバック(0)

表の掲示板で、約1名、トンデモのわからずやがダダを捏ねていますが、ここでも具体的に提起した質問には一切答えず新味の無い書き込みが続いています。
それに表では、奇妙な連合軍が形成されつつ有るようです。傷の舐めあいとは言いたくありませんが、事実を根拠とせず、思惑を優先したこう言う現象は、あまりみっともいいものだとは思えませんね。

 

以下、どうなりました?

  • mkさんが「前適応が無かった為」とした、パタスモンキーやプレーリードッグ、ミーアキャットの、きれいな直立姿勢の件。
  • 直立二足歩行に「なれなかった」ヒヒについて、そのことによる不都合は何か?
  • ヒヒなどについては「同じ環境下」だが、「前適応」が無かった為、直立二足歩行に移行できなかった。
    チンプは「前適応」で充分可能だったが「環境」が違ったので移行しなかった。
    ......とする、ご都合主義(ダブスタとも言う)の件。
  • ブラキエーションは前適応にはなりえないのではないか、と言う件。
  • 「ヒト以外の類人猿(ヒトとチンプの共通祖先含む)でも、十分に二足歩行に習熟しており、」と言う表現自体、ヒトの定義上論理矛盾です。......と言う指摘。
  • 現生サル類での、直立二足歩行の観察例。人類における四足歩行の観察例
  • ラミダスやトゥマイによって完全に破綻したサバンナ説の後、そもそもサバンナに進出したとするヒト(そしてヒトだけが)は、何故、サバンナで四足歩行を捨てなければならなかったのか?

等など。

これらに全く頬かむりしたまま、「あなたの知的好奇心を買いかぶりすぎていたようです。自分に都合の悪いことは普通は知りたくないですもんね。」などと、皮肉った積りになっても、あまり説得力は有りません。

と言うことで、特にコメントする必要を認めませんが、とりあえずルーシーの画像を用意しました。
http://y-ok.com/appleclub/adam/contents2/luci.htm
出典は......、
NHKサイエンス スペシャル‐5 「生命 40億年はるかな旅-ヒトがサルと別れた日」
...のスキャン画像。

>>背は前傾し、膝は伸びきらず、左右に体を揺らし、そして足が大きい為丁度アクアダイビングの足ヒレをつけているかのような歩き方です。

......が特に間違っているとは思えませんが、その辺は見る人の判断にお任せします。
特に注目すべきは、オロリンやトゥマイから歩き始めたとして、人類史の半分経過した状態だと言うことです。

なお、隣に居るのは、ヒト・チンプ共通祖先とされたプロコンスルです。
今はプロコンスルと、ヒト・チンプ共通祖先の間に、サンブル・ホミノイドと言う祖先種を置くようですが、いずれにしても大差は無いでしょう。

mkさんは、この共通祖先の段階で既に「人類とチンプの共通祖先は少なくともチンプと同程度に二足歩行に洗練していたと考えるのが最節約的。」と述べておられます。

若し本当にmkさんの主張が正しければ、これはもう「アクア説」など、ハダシで逃げ出す程の、進化人類学上の革命的理論です。
mkさん、まあせいぜい頑張って下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/171

コメントする

このブログ記事について

このページは、雄が2007年8月29日 06:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒト起源について-3」です。

次のブログ記事は「ヒト起源について-5」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事