霊の起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

今だに霊感商法の被害が絶えない。
先般も統一教会系の団体が絡んだ霊感商法被害の話題が、新聞に載っていた。

勿論一番悪いのは霊感商法を仕掛けてくる奴らだが、しかしそれに輪を掛けて罪深いのが、マスコミだと思う。
細木某女だの宜保ナニガシだのとイカガワシイ人物を、視聴率の為だけに番組に登場させ、持ち挙げ、公共の電波の権威と影響力を使って、あたかも霊だのたたりだのが実在するかの様な雰囲気作りに加担してきた。
様々な霊感商法やオウム等がまかり通った背景には、そう言ったワイドショウの影響による精神的蒙昧が少なからず有った筈だ。しかしマスコミはそう言った結果には一切責任を取らない。

 

同時に被害者の方も、もういい加減に自分の愚かさを自覚した方がいいと思う。
これだけ騒がれ、これだけ被害や手口が報道されているにも関わらず、いまだに引っ掛かるとしたら、酷な言い方だがもうあまり同情されないだろう。
私はもとより「霊」だの「あの世」だの、一切信じていないが、しかしどちらかと言うとこう言う人間・考えの方が、逆に少数派なのだろうとも思っている。

おそらく半分以上の人が、何らかの形で「霊」とか「あの世」の存在を、漠然とでは有っても信じているんじゃないかな。
本来なら最も科学的な雰囲気で有るべき大学の学園で、統一教会などに染まる人がいるってことも、そう言う精神的風土の反映だろう。

「霊」が本当に有るとして、じゃあそれは一体身体のどこに所属しているのだろうか?
身体全体?、脳?、或いはハート?

人工心臓や心臓移植をした場合、或いは将来医学の進歩で、脳以外の臓器をアチコチから全て移植した場合、霊はどの人のどこに憑いているのだろうか?、一つの身体の中でどう折り合いを付けるのか?、脳死の場合はどうなるのか?
脳を持たない動物もいるが、その場合、動物霊だとか前世からの生まれ変わりはどうなるのか?

そもそも「死」と言うのは、瞬間的なことではなく、有る程度の時間的経過を伴う現象だ。「脳死」と言う言葉自体それを表わしている。
心臓や肝臓など、殆ど全ての器官はそれだけで暫くは生きている。そうでなかったら移植も出来ない。脳だってそのうち、単独で生かしておけるようになるだろう。
一体、霊は何時の時点で「生体」から離脱するのか?

等など、etc、エトセトラ.........。
是非、細木数子大霊能師様にお伺いしたいものだ。どっかの局で対決させてくれないかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/230

コメントする

このブログ記事について

このページは、雄が2009年11月23日 09:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「男の「スケベ心」、その功罪」です。

次のブログ記事は「私家版「恋愛感情」の始まり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事