RE 一部の地域に局在

| コメント(0) | トラックバック(0)

>>ヨーロッパなど一部の地域に局在せざるを得なかった

>中近東からヨーロッパの範囲を、一部の地域と言ってしまうのはどうかなあ。
そりゃぁ、ホモ・サピエンスと比べたら「一部」でしょうけど。

 

要するにネアンデルタールは「寒冷地仕様」だったということです。同じ緯度でも地球を一周しますからね。
それを「局在」と言って良いか悪いかは、まあ言葉のあやで、その辺を突っ込まれても本質論とは無縁な訳です。

本質論としては、種としては単一のホモ・サピエンスが地球の全域に適応している。こちらの方が(生物としては)異端で特殊なのであって、当人にとってそれが当たり前で有ったとしても、本来それを基準に考えるべきではない。
私の主張はそう言うことです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/266

コメントする

このブログ記事について

このページは、雄が2010年4月10日 14:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今さらながらの、「石器」「文化」「社会」等」です。

次のブログ記事は「RE [石器」「文化」等」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事