RE 寒冷地仕様

| コメント(0) | トラックバック(0)

>jaさん

>我々、新モンゴロイドも寒冷地仕様、それもネアンデルタール人よりも、より寒冷地仕様化しているとも言えませんか?

ネアンデルタール人と比べてどうか、ってのは別として、そう言うことは有りますね。
寒いところでは短足・ずんぐりで体表面積を少なく、暑いいところではひょろ長く。
日照に応じて肌の色も変わって来るし。これには性淘汰も働くようですが。

ただそれが出アフリカの過程で、定着した後その地で適応したのか、適応しながら各地に定着していったのか、その辺私にはハッキリわかりません。両方有ったんでしょうね多分。
200年前オーストラリアに移住した白人も、もう1000年もすればアボリジニ並みの肌の色になる計算らしいし。

いずれにしてもホモ・サピエンスという単一種が地球全域、特に寒冷地に適応出来た要因として、衣服や火を含めた道具、文化(オーリニャック文化)を否定することは出来ないと思いますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/270

コメントする

このブログ記事について

このページは、雄が2010年4月11日 15:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「RE 異質論」です。

次のブログ記事は「RE どうしてもヒトだけが特別」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事