イヌ、ヒト-系統分類に関して

| コメント(0) | トラックバック(0)

>たとえばネコという分類上の名称があり
ネコ目という実際の分類上の名称がありますがネコ目の動物はネコという種と同じグループであるというだけでネコではありませんしネコ目の動物全体を指してネコと呼ぶこともありませんよ。
そうじゃないと「ネコ目イヌ科イヌ」はネコの一種になってしまいますし。

その点は了解しました。
何れにしても私からすれば、議論の焦点は「分類学」では無かった、と言うことで。

>【議論の過程においてお互いが指し示すものに齟齬があってはいけないので共通のものを指し示す基準として(現在使われている)分類を使おう】という提案だと思われます。

dmさんの立場と言うか見解は、それはそれで受け入れています。
ただ、私の見解はこうなので、それは変更できないし、認めて欲しい、と言うことです。

なお「(現在使われている)分類を使おう」との件については、「ヒト」を広義の意味で使っているケースが、少なくとも進化人類学上では多数派だと思いますよ。
本の題名からしてそうです。又系統樹では殆どそう言う表現です。

どちらも現実に認められているし、使われている訳で.........、 /p>

>>お互いの「ヒト」解釈、視点を確認さえ出来れば、議論が出来ないことも無いと思っていますので、この点は了解して欲しいと思います。

この立場で問題は無いと思っていますが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/289

コメントする

このブログ記事について

このページは、雄が2010年5月15日 06:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「RE とっても小っちゃな「最大条件」」です。

次のブログ記事は「遅レスで失礼。「ヒト」呼称について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事