晩秋の巖立 巖立の突端に立つ

 

2020/11/24 巌立峡の滝、溶岩台地を歩き、巖立岩壁の突端に立つ

 

巖立(がんだて)は、5万4千年前の御岳山噴火による日本一の溶岩流が造った溶岩台地と、その突端である巖立大岩壁とその柱状節理、溶岩台地を削った濁河川、椹谷に沿っての数多の滝など、幾つもの異なった顔を持っている。
今回最大の収穫は、溶岩台地を歩いて巖立大岩壁のてっぺんに立ったことだった。

 

巖立て岩壁の突端に立つ

巖立公園駐車場の正面にそびえる巖立の上に立てるとは、今まで発想したこともなかった。が、考えてみると平坦に広がっている溶岩台地と地続きで有る筈だし、行けるんじゃないか?、と言うことで歩いてみたらアッサリと岩壁のてっぺんに辿り着いた。
…と言うことで、行くのは比較的容易に行けたのだが、そこに立った時には流石に足がすくんだ。足の下は垂直と言うより手前にえぐれていて壁を見ることは出来ない。身を乗り出して除き込む等とてもとても……。1mも下がった所で木につかまりながら恐る恐る下の駐車場を眺めるのが精一杯。

マッ、しかしいい経験だったし、何枚かの写真は貴重な収穫となった。

 

巖立動画

下の画像をクリックすると巖立峡のYou Tube動画が開きます。

Gandate.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/844

コメントする

INDEX


岐阜に移住・拠点にして


岩と清流・歴史と文化の地、岐阜を拠点に


木曽川水系

飛騨川水系

長良川水系

歴史の街並み

つわものどもが夢の跡

安曇野に身を委ねる

陸奥(みちのく)紀行

酒田山居倉庫、十和田・奥入瀬、酸ヶ湯、仏ヶ浦、本州最北端大間、恐山、尻屋崎、五所掛け温泉、八幡平、玉川温泉、乳頭温泉、角館武家屋敷、銀山温泉、山寺、裏磐梯、五色沼・檜原湖、大内宿
出羽三山神社、月山弥陀ヶ原、十二湖・日本キャニオン、竜飛崎、蔦沼、奥入瀬渓流

武蔵野と水辺


「舞台は武蔵野」 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

落合川(黒目川支流)


その他

You Tube 動画