武蔵野台地の縁に建つ皇居 -2(南側半周-半蔵門から大手門)

※ 皇居、お濠、その地形などについての概要は「>武蔵野台地の縁に建つ皇居-1」に記載しておきました。参照して下さい。

 

地形図

クリックすると拡大表示されます。

>皇居地形図.gif

 

撮影マップ

クリックするとGoogleMapと連動して開きます。

>kokyo-photomap.gif

 

    

 

代官町通りと内堀通り

前方の道路は内堀通り。その右側は一番町。
内堀通りの内側、左側の遊歩道をお濠(半蔵濠)に沿って歩く。

kokyo-19.jpg

 

半蔵濠に沿って

この辺も桜の名所。
半蔵濠と千鳥ヶ淵は水路で繋がっており、水面標高は同じ15.98メートルで、お濠の中では一番高い。

kokyo-21.jpg

 

英国大使館

番町のシンボル的存在。
明治以降の日本との深い関係も反映しているのだろう、一等地の広い敷地に正に威風堂々。

kokyo-22.jpg

 

花見の時期、千鳥ヶ淵脇は宴会などが出来ないが、かって(10年以上前)この辺は敷物を敷いて花見が出来た。今はどうなんだろう?

kokyo-23.jpg

kokyo-24.jpg

 

半蔵門と半蔵濠

半蔵門に続く右側の土手によって、半蔵濠と桜田濠が仕切られる。

半蔵濠は北側の千鳥ヶ淵と水路で繋がっており、水面標高は同じ15.98メートル。それに対し南側(土手を越えて右側)の桜田濠は3.82メートルでその高低差は10メートル以上も有る。この差はそのまま山の手台地と東京低地の高低差と言うことになるのだが、この土手は千鳥ヶ淵、半蔵濠の、いわばダムの堰堤のような役割をしている。

kokyo-25.jpg

 

半蔵門

搦手門としての役割

一般公開はされていない。元々の半蔵門は太平洋戦争で焼失。現在の門は和田倉門の高麗門を移築したものだそうだ。なるほど他の門と比べても小さい。
半蔵門の名前の由来は、この門を警護した徳川家の家来服部正成・正就父子の通称「半蔵」からくると言う説が有力だが、山王祭の山車の像が半分しか入れなかったから、と言う説も有る。若しかしたら他の門に比べ最初から小さかったのかも知れない。

半蔵門から出たところ(写真後ろ)には国道20号線(甲州街道、通称新宿通り)が真っすぐに新宿御苑脇まで通っていて、非常時にはこの門から幕府天領である甲府への避難路となっていたと言う、つまり搦手門に当たる。街道沿い一帯は旗本屋敷で固められていたと言う。
なお新宿通り新宿側起点の新宿御苑は譜代家臣内藤氏の屋敷だったところで、江戸城防備の任務も兼ねて家康から拝領した土地である。
 

地形的にも重要?

上記したように、将軍警護と言う点で重要な門だったのだろうが、同時に地形的にも特別に警護を要する門ではなかっただろうか。既に述べたようにこの門に続く土手は、高低差10メートル以上の濠を堰き止めるダム堰堤のような役割も持っている。ここが決壊すれば千鳥ヶ淵、半蔵濠の水が一気に桜田濠を経て、東京低地である今の外苑や和田倉門、大手門などを襲う。
他の門はいざという時わざとその土手を切ったり、北桔橋のようにはね上げて外敵からの侵入を防ぐ戦術が取れただろうが、この半蔵濠の土手は安易にそれが出来なかったのではなかろうか。

土手通路の幅が広くなく、門までの距離も長く、若しかして門も小さかったことは、そう言う意味でこの門からの侵入を防ぐ為の警護と関連しているのではなかったか、と穿ってみたところ。

kokyo-26.jpg

 

桜田濠に沿って

お濠は半蔵濠から桜田濠に変わる。水面は10メートル以上低くなる。
正面に、通称「桜田門」と呼ばれる警視庁の建物が見える。

kokyo-27.jpg

 

三宅坂を下る

国立劇場(手前)と最高裁判所(奥)

kokyo-31.jpg

 

桜田濠

kokyo-33.jpg

 

三宅坂、ほぼ坂下

山の手台地(右側)と東京低地(左側)を繋いでいる。正面の建物は最高裁判所。

kokyo-34.jpg

 

東京低地に降りる

三宅坂を降りて水面との高低差が少なくなり、全体に地形が低くなって来ていることが分かる。
前方遠くに桜田門、右側に通称「桜田門」

kokyo-35.jpg

 

    

 

国会議事堂

三宅坂をほぼ降りた地点から西側に、真っすぐ伸びる並木道を通って国会議事堂。並木道の両側は国会前庭(こっかいぜんてい)で、北側(写真右)は洋式、南側(左)は和式庭園となっている。
国会議事堂は山の手台地上に築かれているので、前庭も含め三宅坂下からは見上げるような形になる。

kokyo-37.jpg

 

国会前庭北地区

江戸時代ははじめ加藤清正の屋敷、次いで彦根藩井伊氏の上屋敷があったところで、幕末の大老井伊直弼はここから内堀(桜田濠)沿いの道を桜田門に向かう途中の路上で桜田門外の変に遭った。明治時代になって当地は国有地となり、はじめ弾正台、のちに参謀本部・陸軍省が置かれた。そして陸軍省が廃止された戦後に衆議院の所管に移され、周囲の土地区画整理や道路拡張の後に洋式の庭園に整備された。
北地区の中心には三権分立を象徴するとされる時計塔が建てられており、シンボルになっている。また、軍事的な理由から全国の測量を進めた参謀本部陸地測量部(国土地理院の前身)がこの地に置かれていた名残である日本水準原点が園内に存在することが有名。尾崎行雄の業績を称えて建設され、現在は衆議院が管理している憲政記念館も北地区の敷地内にある。(Wikipediaから引用)

kokyo-38.jpg

 

日本水準原点

水準原点は左側の建物の中。
右側の石に彫られた銘文によると、当初海面から24.5メートルと定めたが、関東大震災による地殻変動に伴い、24.41メートルに、更に2011年の東日本大震災による地殻変動に伴い、24.39メートルに改正したとある。

kokyo-41.jpg

kokyo-42.jpg

 

憲政記念館

kokyo-40.jpg

 

国会前庭北地区から見た内堀通りと桜田濠

山の手台地と東京低地の、高低差が良く分かる。

kokyo-39.jpg

 

 

kokyo-44.jpg

 

国会前庭南地区

南地区は、江戸時代は九鬼氏の屋敷、明治期以降は有栖川宮邸を経て、霞ヶ関離宮となった場所であった。現在では和風を基調とした回遊式庭園になっている。(Wikpedia)

kokyo-45.jpg

kokyo-46.jpg

kokyo-47.jpg

内堀通りに戻って

ランニングコースには一定の間隔で県の木の銘盤が埋め込まれている。

kokyo-48-2.jpg

 

桜田門

正面遠方に桜田門。

kokyo-48.jpg

 

外桜田門

桔梗門とも呼ぶ

kokyo-50.jpg

 

警視庁(右)と法務省旧本館(左赤レンガ)

桜田門脇に建っている。

kokyo-49.jpg

 

内桜田門

こちらの門を、単に桜田門ともいう。
桜田門をくぐると、だだっ広い皇居外苑に出る。

kokyo-52.jpg

 

外苑

kokyo-53.jpg

 

外苑松林

戦後、焼け野原のこの地に「何を植えましょうか」と天皇に聞いたところ、「暫く待つがよかろう」と答えたとのこと。それで「松」になったのだそうだが、真偽は分からない。
内堀通り(前方微かに車や人通りが見えるが、分かるかなあ?」を境に、こちら内側の芝生は立ち入り禁止。内堀通りから外側は自由に入れる。
昔この芝生が、代々木公園などと並んで、男女カップル(当時、アベックと言った)の夜のお楽しみの場所として有名で、その盗撮写真が週刊誌などで特集が組まれたりしていた。今はあまり聞かないがどうなんだろう?

kokyo-54.jpg

二重橋

言わずと知れた記念写真の名所。
手前の石橋と後方の鉄橋が並行している。一般的にはこの石橋の二重アーチを差して、或いは並んでいる二つの橋を差して「二重橋」と呼ぶとの理解が有るが、実際は奥の鉄橋が二重橋なんだそうだ。今鉄橋は一重だが、掛け替えられる前に、この手前石橋のように真ん中にも橋柱が建っていたらしい。

この橋は外国大使の親任等で、馬車(馬車か自動車か選べるそうだが、圧倒的に馬車を希望する大使が多いらしい)に乗って、最初に手前石橋を渡り、ついで奥の鉄橋を渡って皇居に入る。つまり皇居の正門になる。

富士見櫓

右端に建っているのが富士見櫓。東御苑に入って比較的傍まで近づけるが、立ち入りは出来ない。
>東御苑からの富士見櫓
>乾通りからの富士見櫓

kokyo-55-2.jpg

 

鉄橋(二重橋)

kokyo-56.jpg

 

外苑から丸の内ビル群

kokyo-57.jpg

 

坂下門

門の奥、右側に宮内庁が見える。この門は宮内庁職員等の通用門になっているそうだ。
又昨年、春・秋と「乾通り一般公開」が有った時の、入場門ともなった。

kokyo-58.jpg

 

蛤濠

kokyo-59.jpg

 

桔梗門

kokyo-61.jpg

 

大手門

前方、大手門が見えて来た。

kokyo-62.jpg

 

ここで皇居(北の丸公園も含め)一周の終わり

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/127

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte