羅漢寺川-1(羅漢寺川本流-1、目黒通りから目黒不動)

 

羅漢寺川本流(暗渠)を辿る-目黒通りから目黒不動

東京都目黒区目黒本町一丁目8辺りに端を発し、下目黒で目黒川に合流する、比較的短い目黒川水系の河川。何本かの支流を持つ。
1964年の東京オリンピックの前後に暗渠化されていて、現在支流を含めて一部が緑道として整備されている。
沿線には林試の森公園、目黒不動尊などが有り、そこからの湧水も集めて流れる。

 

羅漢寺川、名前の由来

目黒不動尊の脇、下目黒三丁目に五百羅漢寺と言う寺院が有って、川の名前はここに由来するのだが、この五百羅漢寺そのものがこの地に移されたのが1908(明治41)年と言うから、そんなに昔からのことじゃなく、かって「不動川」と呼ばれた時期も有ったらしい。現在、規模も知名度も五百羅漢寺より目黒不動尊の方が上だと、私は思うのだがどうして不動川の名が定着せず羅漢寺川になったか?
しかし寺院のサイトなどを見ると五百羅漢寺の羅漢像は中々凄い。拝観が有料で撮影禁止になっているから余り知られていないのかも。
 

 

地形

下の地形図を見て分かるように、複雑に切れ込んでいる山の手台地の、一つの谷地地形に沿って、その両側の崖からの湧水を集めて流れる、武蔵野台地典型的な小河川だっただろうことが推測される。
山の手台地の旧河川の多くに共通のことだが、地下水の供給源であるべき地上が現在はコンクリートやアスファルトで覆われ、かって豊富であっただろう湧水も乏しくなっている。羅漢寺川も目黒川への合流口(排水口)を見ても、普段は殆ど水の流出を見られない。しかし一旦雨が降れば、逆に地中に浸透する余地が無くなった水が側溝等を通して一気に集中、現在下水道に転用されている暗渠は急速に水量が増すのだろう。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

羅漢寺川地形図.jpg

 

撮影Map

クリックするととGooglemapと連動して表示されます。

rakanji-1-uni.jpg

 

羅漢寺川緑道、スタート

手前の道路は都道420号線。その脇、目黒本町一丁目8 から始まる羅漢寺川緑道。手前の道路の通行が多いだけになんとなく異世界への入り口の雰囲気。

YOKL6216.JPG

 

住宅街を縫って

暗渠は下水道に転用されるケースが多い。写真右側にその下水道に繋がる家庭用雑排水の管が見える。この配水管は暗渠の至る所で見られる。

YOKL6218.JPG

YOKL6220.JPG

 

小山台公園

右側が少し高台になっていて、小公園になっている。

YOKL6222.JPG

 

右側の小山台公園脇を通って。

YOKL6224.JPG

 

六畝川合流

下目黒6丁目9、道路と交差する地点で、写真左側から入ってくる六畝川支流と合流する。

YOKL6228.JPG

 

六畝川側

こちらは六畝川支流から見た合流点。合流してそのまま前方左側に進む。

YOKL6248.JPG

 

羅漢寺川プロムナード

合流点からは主に林試の森公園脇を通る「羅漢寺川プロムナード」として整備され、緑道も広くなる

YOKL6251.JPG

 

写真右側、林試の森公園

YOKL6252.JPG

YOKL6253.JPG

 

林試の森公園くぬぎ門前の、小広場

YOKL6256.JPG

 

時はアジサイの季節

YOKL6259.JPG

 

一般道に出る

羅漢寺川暗渠はおそらく歩道の下なのだろう。

YOKL6261.JPG

 

バス通りに出る

YOKL6263.JPG

 

YOKL6266.JPG

 

ここで道路は左に折れ目黒不動尊に向かうのだが、暗渠はそのまま直進する。

YOKL6397.JPG

 

目黒不動参道

暗渠は80メートル程直進して目黒不動の参道に出る。参道を左に行くと仁王門。

YOKL6394.JPG

 

参道にそって仁王門前へ

暗渠は写真左から入り込み(自販機脇)、ここで暗渠らしい痕跡は消えるが、参道に沿って仁王門に向かっているのだろう。

YOKL6450.JPG

 

入谷川との合流

  参道を直進してきた羅漢寺川と、左側から入って来た入谷川と、おそらくここで合流、独鈷の滝の湧水なども集めて写真右(自転車の男性の道)に、不動尊の境内脇を通って、目黒川まで約600メートル程流れてゆく。
右端の角に、おそらくかっての護岸だったブロックが置いてあった。

YOKL6396.JPG

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/497

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

武蔵野から離れて

上高地

木曽路

その他