北沢川緑道-2(環七~目黒川緑道合流)

 

北沢川緑道、せせらぎの流れ、目黒川緑道合流まで

将軍池付近から続いてきた北沢川緑道は、環七との交差点である宮前橋を越えたところから、せせらぎが整備されていて、「ふれあいの水辺」として市民に親しまれている。

 

 

環七、宮前橋(前回、ここまで)

北沢川緑道-109.jpg

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。
横に広いのでスクロールして見てください。

kitazawa_karasuyamagawa.gif

 

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

北沢川緑道photomap.jpg

 

    

 

北沢川せせらぎの道

環八を超えると北沢川緑道は雰囲気が一変する。暗渠の地上部緑道脇に「せせらぎ」が姿を現す。
このせせらぎの水は、落合水再生センターで高度処理された再生水で本来の北沢川の流れではないが、三宿からの目黒川緑道と合わせ風情のある水辺の景観が続く。

 

圓乗院

せせらぎのスタート地点、環七脇に立つ真言宗豊山派寺院。

北沢川緑道-113.jpg

 

せせらぎスタート

この小さな池が、せせらぎの、いわば源流。ここで再生水が供給されているのだろう。
カメが何匹もいたが、こんな狭い池に自然な餌など充分には無いだろうから、餌付けされているのだろうな。

北沢川緑道-112.jpg

 

北沢川緑道-117.jpg

 

最初は細く

北沢川緑道-114.jpg

 

 

台地と低地

左側は羽根木公園に連なるゆるい崖となっている。この地形は世田谷を形成する北東部の台地(洪積層)と南西側の低地(沖積層)、その中での河川による浸食が係わってのものらしい。

北沢川緑道-116.jpg

 

再生水供給?

本来の流れは写真左側。右側の流れは再生水供給口の一つか。

北沢川緑道-118.jpg

 

文学の小道碑

北沢川沿線のこの界隈は、かって文士たちが大勢居を構え、水辺を散策していたらしい。
斎藤茂吉もその一人で、後ろの水石に「代田川のほとりにわれをいこはしむ 柳の花もほほけそめつつ」の歌が刻んである。
その他緑道沿いに、三好達治、横光利一、坂口安吾などの文学碑が設置されているし、萩原朔太郎・葉子の居住跡も有るらしい。「北沢川文化遺産保存の会」では総称して、「下北沢文士町」と呼んでいるようだ。

北沢川緑道-120.jpg

北沢川緑道-123.jpg

 

桜並木

緑道は又桜の名所でもある。

北沢川緑道-124.jpg

 

川底は年に何回か掃除をしているようだ。

北沢川緑道-128.jpg

北沢川緑道-129.jpg

 

せせらぎ公園

淡島通りとの交差点の手前にある「せせらぎ公園」。
広くはないが、トイレ、ベンチ等が整備。公園脇の少し高い所から、おそらく再生水供給の一つだと思われる流れを見る事も出来る。

ここまでくると既に左側の崖からは遠ざかる。

北沢川緑道-134.jpg

 

公園脇の小さな池と、そこに注がれる(多分)再生水の供給。

北沢川緑道-136.jpg

北沢川緑道-135.jpg

北沢川緑道-137.jpg

 

淡島通りを超えて

目黒川緑道のせせらぎはフェンスで囲まれ、流れへの立ち入りは禁止されている。
北沢川緑道もむやみには立ち入れないが、所どころ子供たちがザリガニ捕り等をして遊んでいる。橋に腰を掛けてまじかに流れを眺めることも出来る。今回は確認しなかったが以前見た時には、30センチ四方に1匹はメダカを確認できる。

北沢川緑道-138.jpg

北沢川緑道-140.jpg

 

再生水の供給

はやせ橋脇の水供給施設。
銘板には以下のような文面が表示されている
「お知らせ 施設維持管理上必要な為に現在水を出していますが、節水の為時間を、1時間に短縮し、循環させています。 世田谷区・世田谷公園管理事務所」

北沢川緑道-142.jpg

北沢川緑道-145.jpg

北沢川緑道-146.jpg

北沢川緑道-148.jpg

 

合流点が近づく

正面はおそらく監視用のマンホールなのだろう。高くしているのは一般の人が入り込んだりしないようにか?

北沢川緑道-149.jpg

 

合流点が見えてきた

ここで右側から入ってくる烏山川と合流、そのまま目黒川として左側に流れてゆく。しかしどちらも暗渠。

北沢川緑道-150.jpg

 

合流点

緑道とせせらぎも又、目黒川緑道へと合流する。
向かって左からは烏山川緑道が合流し、この写真の後ろ側、目黒川緑道へと続く

北沢川緑道-153.jpg

 

こちら烏山川

100メートル程せせらぎの道となっているが、その上流部分は緑道のみ。

北沢川緑道-152.jpg

 

烏山川せせらぎとの合流。

北沢川緑道-151.jpg

 

目黒川

北沢川と烏山川を合流し、目黒川となって約600メートル程暗渠で流れ、池尻大橋で開渠として姿を現す。
地上部は目黒川緑道として、せせらぎの道となっている。

北沢川緑道-154.jpg

 

花の道

目黒川緑道は又、花の道でもある。

北沢川緑道-156.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/140

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

武蔵野から離れて

上高地

木曽路

その他