烏山川緑道-下流(環八~北沢川合流)

 

烏山川下流部

環状8号線から三宿の北沢川との合流点までの下流部を辿ります。
この区間は緑道が整備されていて、上流部のように流れの繋がりが掴めない、と言うことが有りません。

 

>karasuyamagawa-2photodata.jpg

    

 

環状8号線

前回はここまで。ここで環八を超える。

160206karasuyamagawa-37.jpg

 

環八を超えて右側(南方向)に向かう。環八の直ぐ左脇に烏山川の流路跡が通っている。

160206karasuyamagawa-40.jpg

 

蘆花恒春園前の交差点

写真中央は環八の左脇に沿って続く烏山川の暗渠。環八の右側はこの交差点から次の千歳台交差点まで蘆花恒春園が広がる。

160206karasuyamagawa-41.jpg

 

交差点から、暗渠上流部を見る。舗装されている所と、草原が交互に。

160206karasuyamagawa-42.jpg

 

烏山川緑道

蘆花恒春園前の交差点脇から、烏山川暗渠が緑道風に始まる。

160206karasuyamagawa-44.jpg

 

跨道橋の上から見た緑道

160206karasuyamagawa-43.jpg

160206karasuyamagawa-45.jpg

151226karasuyamagawa-17.jpg

151226karasuyamagawa-18.jpg

 

八幡山遺跡の碑

碑文は以下の通り

「豊かな水と緑に恵まれた世田谷区は、関東平野南西部に広がっている武蔵野台地の南東部に位置し、埋蔵文化財(遺跡)の宝庫でもあり、その数は東京23区内で最も多い280箇所以上にも及んでいます。
その中で、武蔵野台地の内部を流れる小河川沿いにも先土器時代や縄文時代を中心とした遺跡が多数発掘されています。
八幡山遺跡も小河川の一つである烏山川(北烏山4丁目にある高源院の池から武蔵野面を刻んで東南に流れている)の左岸の台地に位置し、縄文時代中期の集落や江戸時代の炭焼窯等が調査されました。
この調査で、遺構(住居跡・小堅穴・土抗・ピット)や遺物(土器・石器・土製品)などが発掘されました。

 

151226karasuyamagawa-19.jpg

 

写真の左側には、明治大学八幡山グランドが広がっている。

160206karasuyamagawa-47.jpg

 

橋(蕨根橋)の痕跡

151226karasuyamagawa-22.5.jpg

160206karasuyamagawa-48.jpg

 

親水エリア

夏には水が流され、子供たちが戯れる。
前方、都道118を通して希望ヶ丘公園が見える(工事中の黄色いフェンス)。

160206karasuyamagawa-49.jpg

 

反対側から見た浸水エリア

151226karasuyamagawa-22.jpg

 

都道118をくぐる

千歳台交差点で環八と交差している都道118の下をくぐる。くぐった先は希望ヶ丘公園。

151226karasuyamagawa-24.jpg

 

    

 

希望ヶ丘公園

この希望ヶ丘公園脇で水無川(中川)と合流する。それ程広い公園ではないが、今回工事中で立ち入ることが出来なかった。

160206karasuyamagawa-50.jpg

 

※ 2012/9/17 撮影の希望ヶ丘公園

夏には前方の施設から水が流される。

160206karasuyamagawa-101.jpg

 

梶山橋-水無川(中川)との合流点

ここで、左側から入ってきた水無川と合流していた。

160206karasuyamagawa-52.jpg

 

都道118から住宅街(URエステート千歳希望丘)に斜めに緑道が入る。

160206karasuyamagawa-54.jpg

 

かっての水路が道路の下をくぐっていたのだろうか? 緑道もトンネルとなる。

160206karasuyamagawa-55.jpg

 

住宅街を縫って

トンネルを抜けると、URの集合住宅に面した広場

160206karasuyamagawa-56.jpg

 

160206karasuyamagawa-57.jpg

 

この辺もUR都市機構や都営の集合住宅が林立している。

160206karasuyamagawa-58.jpg

160206karasuyamagawa-59.jpg

 

ケヤキの道

160206karasuyamagawa-60.jpg

小田急小田原線

160206karasuyamagawa-61.jpg

 

小田急経堂駅に近い為、商業施設も目に付く

160206karasuyamagawa-62.jpg

 

中村橋を超えて

160206karasuyamagawa-63.jpg

160206karasuyamagawa-64.jpg

160206karasuyamagawa-65.jpg

 

万葉の小径

1キロメートル余りの区間、「万葉の小径」。道もカーブしており、万葉集にちなんだ植物が植えられ、その歌碑が立っている。

160206karasuyamagawa-66.jpg

160206karasuyamagawa-67.jpg

160206karasuyamagawa-68.jpg

 

万葉の小径、ここまで

160206karasuyamagawa-69.jpg

 

途中、工事中で立ち入り不可

160206karasuyamagawa-70.jpg

 

世田谷八幡宮の前を通る

写真のすぐ右側に、東急世田谷線が通っている。

160206karasuyamagawa-71.jpg

 

東急世田谷線、宮の坂駅

緑道は踏切を渡って迂回する。

160206karasuyamagawa-72.jpg

 

東急世田谷線を超えたところ

160206karasuyamagawa-73.jpg

 

緑道が続く

160206karasuyamagawa-74.jpg

 

豪徳寺

駅名にもなっている豪徳寺の前を通る。少し寄り道で立ち寄ってみる。
豪徳寺は井伊家の菩提寺で、桜田門外の変で非業の死を遂げた井伊直弼の墓もある。

160206karasuyamagawa-75.jpg

160206karasuyamagawa-76.jpg

秋は紅葉も見事

160206karasuyamagawa-77.jpg

 

坂下橋

160206karasuyamagawa-78.jpg

 

国士舘大学

この先、国士舘大学の広大なキャンパス脇を通る。

160206karasuyamagawa-79.jpg

 

右側前方は国士舘高等学校

160206karasuyamagawa-80.jpg

 

環状七号線

橋は「若林橋」

160206karasuyamagawa-81.jpg

 

前方、キャロットタワー

世田谷太子堂に立つ高層商業施設。最上階は入場無料の展望スペースになっていて東京の景色を一望に出来る。

160206karasuyamagawa-82.jpg

 

緑道は続く

160206karasuyamagawa-83.jpg

160206karasuyamagawa-84.jpg

 

住宅街を通る緑道

近隣の住人が緑道の清掃をしていた。ここに住む人にとっても整備された緑道は憩いの場でもあろう。

160206karasuyamagawa-85.jpg

 

水場風な施設

水を流すこともあるのだろうか?

160206karasuyamagawa-86.jpg

160206karasuyamagawa-87.jpg

 

陶板絵の道

160206karasuyamagawa-88.jpg

 

三宿神社前を通って

160206karasuyamagawa-89.jpg

 

北沢川との合流点が近づく

160206karasuyamagawa-90.jpg

 

おとめ像

160206karasuyamagawa-91.jpg

160206karasuyamagawa-92.jpg

北沢川との合流点

僅かな区間だがせせらぎが緑道脇を流れる。
前方中央、北沢川との合流点。

160206karasuyamagawa-93.jpg

 

合流地点

写真左側からの>北沢川緑道と合流、>目黒川緑道として右に続く。その先1キロメートル程の池尻大橋で、目黒川が開渠として姿を現す。

160206karasuyamagawa-95-2.jpg

 

目黒川緑道から見た合流点

左側、烏山川緑道。右側、北沢川緑道。

160206karasuyamagawa-95-3.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/142

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

水道道路ー都会を貫く直線道路

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他