目黒川緑道

 

花とせせらぎの道、目黒川緑道

目黒川

西北西からの北沢川と、南西からの烏山川が三宿の東仲橋付近で合流、南東に流れる。
かっては北沢川も烏山川も、目黒川も自然の川として、当然地表部を流れていたのだが、現在北沢川も烏山川もその全流域が暗渠となり、地下を流れているし、目黒川もこのページ掲載のように、起点(合流点)から国道246号の大橋(池尻大橋)までの600メートルが暗渠となっている。大橋で国道を潜りその下流は開渠となって地上に顔を出し都市河川となる。今回初めて知ったことだが、この流れの大半は「清流復活事業」として、都水道局落合水再生センターからの下水を高度処理したものだと言う。
目黒川は又、桜の名所でもあり花見の時には多いに賑わう。

緑道

目黒川の暗渠化された地上部600メートルは、目黒川緑道として整備されている。
これは北沢川も烏山川も同じで、かっての流路のほぼ全域が緑道化されている。如何に暗渠だとは言え、地下に流水施設が通っている地上部に住宅やビルは建てられないのだろう。整備の状態は場所によって違うが市民の憩いの場として、通勤通学路として、或いはジョギングコースとして親しまれている。

水辺の道、花の道

緑道のうち、一部に人口のせせらぎが造成され、その両側に花が植えられている。掲載の写真を撮影した時期は2013年9月中旬。残暑が続く中、他の公園では花枯れの状態だったがこの目黒川緑道沿線だけはおびただしい花が咲き乱れていた。水と花、都会の中でのオアシス的雰囲気を感じながらの散策だった。
目黒川緑道の全域、北沢川緑道では環七との交差地点である宮前橋から目黒川との合流点まで既に計画の完成が見られ、烏山川緑道も三宿橋から合流点までの短い距離では有るが花咲き乱れるせせらぎとなっている。今後おそらく整備が進められるのだろう。

このせせらぎの水はやはり都水道局落合水再生センターからの高度処理水が使われており、最後は目黒川に注がれる。
目黒川への高度処理水通水事業の際、これに上乗せする形で世田谷区と東京都の間で契約が結ばれての実現だとのこと。
なおこの時、都との申し合わせで「水質を劣化させることなく目黒川へ水を落とすこと」となっており、送られてきた高度処理水をさらに浄化した上で放流しているとのこと。

 

    

 

合流地点

向かって右側から>北沢川が、左側から>烏山川が暗渠として地下を流れてきて、同じ暗渠の目黒川に合流する。
地上は緑道となっており、一部にせせらぎが整備され地下と同じく目黒川緑道のせせらぎに合流する。

1309megurogawaryokudo-38.jpg

megurogawa2.jpg

1309megurogawaryokudo-33.jpg

1309megurogawaryokudo-17.jpg

1309megurogawaryokudo-22.jpg

 

1309megurogawaryokudo-32.jpg

1309megurogawaryokudo-31.jpg

1309megurogawaryokudo-30.jpg

 

花が邪魔?で、流れが見えない

1309megurogawaryokudo-28.jpg

 

1309megurogawaryokudo-27.jpg

 

 

1309-3megurogawaryokudo-4.jpg

1309-3megurogawaryokudo-5.jpg

1309-3megurogawaryokudo-3.jpg

    

 

megurogawa15.jpg

1309-3megurogawaryokudo-6.jpg

1309-3megurogawaryokudo-7.jpg

megurogawa16.jpg

1309-3megurogawaryokudo-2.jpg

megurogawa17.jpg

megurogawa18.jpg

megurogawa19.jpg

megurogawa21.jpg

megurogawa23.jpg

megurogawa24.5.jpg

megurogawa24.6.jpg

megurogawa24.7.jpg

megurogawa14.jpg

 

水もきれい

都との契約で「水質を劣化させることなく目黒川へ水を落とすこと」となっており、水質の劣化は許されないため、送られてきた高度処理水をさらに浄化した上で放流しているとのこと。

megurogawa25.5.jpg

megurogawa25.6.jpg

megurogawa25.jpg

megurogawa26.jpg

megurogawa27.5.jpg

megurogawa27.jpg

megurogawa28.5.jpg

megurogawa8.jpg

megurogawa28.jpg

megurogawa29.jpg

megurogawa30.jpg

megurogawa31.jpg

megurogawa32.jpg

 

せせらぎの終焉

北沢川緑道、烏山川緑道のせせらぎを集めてここまで流れて来た水も、ここで終わり。この後地下に潜って国道を横切り目黒川に注ぎ、開渠となって目黒川本流が姿を現す。

megurogawa32.5.jpg

megurogawa33.5.jpg

大橋

ここまで暗渠できた目黒川も、そしてせせらぎの流れもこの下をくぐり、橋の向こうの目黒川として顔を出す。

megurogawa33.jpg

 

目黒川

正面、大橋

megurogawa34.jpg

 

桜の名所の目黒川

主に目黒区に入って桜の名所が続く。

megurogawa35.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/138

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte