善福寺川-1(善福寺池から善福寺川緑地)

 

善福寺池から神田川合流

 

善福寺池

善福寺の名の由来は、池のほとりにあった寺の名前に由来しているが、江戸時代に廃寺となっている。また、ややこしいが近辺に「善福寺」という名の寺が現在 あるものの、これは福寿庵という元々違う名前だった寺で、後年地名をとって改名した物であり、池の名前の由来にはなっていない(Wikipediaより)。

 

善福寺川の水源

善福寺池は、井の頭池、三宝寺池(石神井公園)と並び、武蔵野三大湧水池の一つ。上の池、下の池に分かれ合わせて善福寺公園として市民の憩いの場となっている。
池の水源は上の池西端から湧き出ている遅之井の湧水で、これが善福寺川の源流となっている他、池の直ぐ南側にある東京水道局杉並浄水所ではこの湧水を浄水し、水源の一部としている(Wikによると23区内で、井戸が水道の元になっているのはここだけとのこと)。

 

    

善福寺池

善福寺池は北西側から南東側に掛けて、上の池・下の池とが有り、バス通りの道路によって二分されている。

 

上の池

バス通りから北西側方向、上の池エリア。

zenpukujigawa-10.jpg

zenpukujigawa-11.jpg

 

善福寺池周辺地形図

上掲「善福寺公園の生い立ち」Mapと併せ、参照して下さい。クリックすると拡大表示されます。
谷地状に食い込んで周辺の武蔵野台地からの湧水を源としている状況が分かるだろう。

zenpukujiike_tikeiz.jpg

 

内田秀五郎像

上の池入り口近くに建っている。
かっての井荻村・井荻町の長であり、様々な施策により地元に貢献した人物らしい。

zenpukujigawa-4.jpg

 

上の池、南側を辿る

zenpukujigawa-3.jpg

 

上の池北西端方向

上の写真位置近くから、北西側(上流方向)を望む。

zenpukujigawa-1.jpg

 

北西端に続く池北東側

zenpukujigawa-2.jpg

 

遅野井の滝

善福寺池、善福寺川の源流
上の池の西端に近い位置から湧き出して池に注いでいる。但し現在はポンプアップによるものだそうだ、が水は本物の湧水。

 

湧水の決まりごと、崖下

武蔵野の湧水は殆ど決まって崖を背景にした所で湧き出している。ここも例外ではない(地形図参照)。
なお、湧水には「崖線タイプ」と「谷地タイプ」があるが、善福寺池を含む武蔵野三大湧水池、或いは落合川源流の南沢緑地等は谷地タイプであり、殿ヶ谷戸庭園、野川公園自然観察園、深大寺、大蔵三丁目公園等の湧水は崖線タイプとなる。

zenpukujigawa-5.jpg

zenpukujigawa-6.jpg

 

弁財天

上掲「遅野井の由来」にも記されている善福寺弁財天。
頼朝の創建とされているが、それにしては質素。池の周りを早朝散策している人達が、ここで立ち止まって参拝していた。

Google mapでは、市杵嶋神社となっていた。

zenpukujigawa-6.2.jpg

 

上の池西端からの眺め

zenpukujigawa-9.jpg

 

 

下の池エリア

下の池の一部

下の池はヨシ等が繁茂、水質も上の池より悪そうに見えた。右側の巨木は、ラクウショウ(沼杉)。しかし新宿御苑のように気根は見えなかったが。
この写真の右側に、下の湧出口が有る。

zenpukujigawa-13.jpg

 

池脇の湧出口

案内板も無かったし、水も澄んでいるとは言い難く、湧き水ではなく演出か?

zenpukujigawa-12.jpg

 

池尻(東端)からの眺め

zenpukujigawa-14.jpg

 

 

善福寺川

 

下の池の堰

善福寺下池の東端(左)から善福寺川が、写真右方向に始まる

zenpukujigawa-15.jpg

zenpukujigawa-16.jpg

 

美野山橋

都市化とともに善福寺池に流入する水量が激減し、一時期上流部にはほとんど水が流れていなかったが、1989年(平成元年)からは善福寺池からの流出地点にあたる美野山橋のたもとより放水し、渇水を防いでいる。 この水は都の清流復活事業により千川上水へ通されている下水高度処理水を、上水の開渠部終了地点にて回収し、送水しているものである(Wikより)。

こう言う水のやり繰りは都内の河川で至る所に見られるが、それにしても千川は豊島区、結構離れている。「清流維持」も中々大変だ。

zenpukujigawa-17.jpg

 

善福寺川スタート

善福寺川は両岸コンクリート護岸で、多少の変化は有るものの単調と言えば単調

zenpukujigawa-18.jpg

 

途中にこの案内板と共に、川底に円形の構造物が続く。何の為のものだろう。

zenpukujigawa-19.jpg

zenpukujigawa-20.jpg

 

遊歩道

善福寺川沿線の上流半分位は、このように細い遊歩道が両側に続く。もっと狭い所もあり、自転車がやっとすれ違う程度。
下流に行くと善福寺川緑地、和田掘公園等が両側に広がり、道も広くなる。

zenpukujigawa-22.jpg

 

一ヶ所、川の上につるの棚を這わせていた場所が有った。

zenpukujigawa-21.jpg

 

 

原寺分橋下の湧水

遊歩道脇にこの湧水の案内板が掲示され、その下の川底から湧水が見える。武蔵野台地の湧水の簡潔で的確な説明。

zenpukujigawa-23.jpg

zenpukujigawa-25.jpg

zenpukujigawa-24.jpg

 

雨水の排水路

原寺分橋脇湧水ポイントの直ぐ上流に開いている排水路。武蔵野市方面からの、側溝に集まった雨水を流すものらしい。
善福寺川に限らずこう言う排水路は至る所に開いている。形も様々。普段は殆ど流れが無いが一旦雨が降るとアスファルトを洗って来た雨水が一斉に流れ込み、洪水の元になっていた。その解決策として、河川脇の取水施設と環状七号線の下に巨大な貯水施設(トンネル)が造られている。

zenpukujigawa-26.jpg

 

zenpukujigawa-27.jpg

 

JR中央本線をくぐる

南荻窪3丁目付近

zenpukujigawa-28.jpg

 

環八をくぐる

南荻窪四丁目付近

zenpukujigawa-29.jpg

zenpukujigawa-30.jpg

zenpukujigawa-31.jpg

 

善福寺川緑地

荻窪一丁目付近から、川の両側に公園・緑地が広がる。緑地は川沿いに和田掘り公園に繋がり、野球場や陸上競技場を含んで長く広いエリアの憩いの場となる。

zenpukujigawa-32.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/155

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

水道道路ー都会を貫く直線道路

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他