谷端川-4(不忍通りから神田川)

 

不忍通り猫又坂から神田川合流

 

撮影Map

 

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

2018年、突然Googlemapでの表示が不調となり、解決の方法も有りません(Googleの仕様変更かも)。しかしmap上の位置関係は判別できますので、引き続きそのまま表示します。

180602_photomap.jpg

 

 

 

ページには写真の一部だけ掲載してあります。

 

全ての写真はこちら

 

    

 

千川谷・千石谷と谷端川(千川・小石川)の川筋

猫又坂の碑から谷底の都道436を見る。
実はネットなどで検索すると、谷端川(千川・小石川)のルートはこの碑の直ぐ下、写真中央左側に入る道筋となっているものが多い。都道436に並行して蛇行しながら続くこの道筋は、確かにかっての水路跡を忍ばせる。
ただ地形的に言えば、谷底である都道436に沿って水が流れていたとみるのが自然だとも言える。猫又坂の案内板にも「この坂下にもと千川(小石川とも)が流れていた」と記されている。

私としては地形優先で、谷底である都道436が川筋だったのだろうと思うのだが、この脇道も雰囲気としては捨てがたい。
ただ元々この辺を流れていた谷端川は、川筋が1本と言う訳ではなく、何本かの流路に分かれてこの谷を流れていたものが、後に1本に統一された経過が有るらしい。又、灌漑用水としての谷端川の役割を考えると、ある程度人の手も加わって整備された人工水路の性格も有ったのだろう。「常に最も低きを流れる」自然河川と違って、人工河川はより遠くに水を流す為に標高の高い所を選んでコース取りをすることが多い(玉川上水は武蔵野台地の峰筋、分水嶺を通っている)。

ということで………、
実際の流路が何処であったか、私には分からない。
おそらくこの谷を中心に、時に流路の変遷を伴いながら幾つかのコースを取って流れていたのだろう。

Y18_3273.JPG

 

取り敢えず「都道コース」

Y18_3267.JPG

Y18_3268.JPG

 

脇道コース

Y18_3276.JPG

Y18_3278.JPG

 

簸川(ひかわ)神社

「脇道コース」が小石川植物園脇に差し掛かる手前に、簸川神社がある。「氷川神社の末社であるが、簸川と各神社は非常に珍しい」とWikにあった。

Y18_3279.JPG

 

千川改修の碑が有った。

Y18_3285.JPG

Y18_3282.JPG

 

    

 

小石川植物園

裏門、と言った感じ。入園は約700メートル程進んだ正門から。

Y18_3287.JPG

 

園に沿っての道が続く。この道も谷端川(千川・小石川)ルート候補。

Y18_3289.JPG

 

小石川植物園正門

小石川植物園についてはこちら

Y18_3292.JPG

 

更に道に沿って進む。ただ水路や暗渠のハッキリした痕跡は皆無。

Y18_3293.JPG

 

都道436に合流

Y18_3295.JPG

Y18_3368.JPG

 

文京シビックセンター

前方、シビックセンター。その奥に東京ドーム、後楽園ホールなどが広がる。

Y18_3371.JPG

 

東京ドーム

Y18_3373.JPG

 

東京ドーム、ショッピングモールなどの広場に上がる。

Y18_3378.JPG

 

せせらぎ

「せせらぎ」と言うにはあまりにも人工的だが、この水場は谷端川(千川・小石川)流路に沿って設えたものだそうだ。
ここに有った水路は、谷端川だけでなく、隣の小石川後楽園からの流れも合流し、神田川に注いでいた。

Y18_3380.JPG

Y18_3382.JPG

 

都道405(外堀通り)

東京ドームの敷地を抜けると、神田川沿いに続く外堀通りに出る。

Y18_3383.JPG

 

神田川への合流

探してみたが、谷端川の排水口などの表示は無かった。しかしここで谷端川が神田川に注いでいたことは間違いないだろう。

Y18_3384.JPG

Y18_3386.JPG

Y18_3387.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/602

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

「舞台は武蔵野」 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

落合川(黒目川支流)


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他