谷端川-2(谷端川緑道)

 

谷端川緑道を歩く

引き続き谷端川暗渠を歩きます。今回は「谷端川緑道」として整備されている区間。

豊島区西池袋4丁目36、西武池袋線脇から、東武東上線下板橋駅自転車置き場脇を経て埼京線板橋駅まで。
途中の国道254(川越街道)を境に、上流側の「谷端川南緑道」と「谷端川北緑道」とされる。

北緑道のほぼ全区間と、南緑道最後の一部区間は、板橋区と豊島区の区界となっている。

 

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます

180526-photomap.jpg

 

 

 

ページには写真の一部だけ掲載してあります。

全ての写真はこちら

 

谷端川南緑道START

椎名町駅脇で西武池袋線を超え、直ぐUターンして再び西武池袋線にぶつかり、ここに繋がる。
ここから谷端川緑道として、武蔵野台地では極めて珍しい北上コースを取る。

Y18_3135.JPG

Y18_3136.JPG

Y18_3138.JPG

 

谷端川緑道はよく整備された暗渠緑道で、首都高速5号池袋線(川越街道)で、南緑道と北緑道に分かれる。

Y18_3137.JPG

 

羽黒橋

都道441を超える。ここに掛かっていた橋が羽黒橋。

Y18_3142.JPG

Y18_3145.JPG

Y18_3147.JPG

 

谷端川第二親水公園

Y18_3150.JPG

 

ポンプ施設のようなものが公園敷地に有ったが、親水公園の水利に関係するものか?

Y18_3151.JPG

Y18_3152.JPG

 

東京メトロ有楽町線が下を通っている広い道路を渡る。この道路を左に行けば、谷端川源流の粟島神社、千川上水からの分水口などに続く。

Y18_3154.JPG

 

谷端川親水公園

Y18_3156.JPG

Y18_3158.JPG

 

この辺から緑道は、板橋区と豊島区の区界に沿って、埼京線の板橋駅まで続く。

Y18_3160.JPG

 

みたけ通りを超えて

Y18_3163.JPG

Y18_3164.JPG

 

首都高速5号池袋線高架と、下は国道254(川越街道)

ここまでが谷端川南緑道、川越街道を超えて谷端川北緑道となる。

Y18_3167.JPG

 

谷端川北緑道

川越街道を超えて、北緑道となる。

Y18_3168.JPG

Y18_3172.JPG

 

ここまで北上してきたコースを、東武東上線に沿って東に向きを変える。

Y18_3174.JPG

Y18_3177.JPG

 

東武東上線下板橋駅

ここで踏切を渡り、東武東上線の北側に出る。

Y18_3179.JPG

 

緑道再開

下板橋駅脇の踏切を渡り、直ぐに又東側に向かって緑道が再開する。

Y18_3184.JPG

Y18_3187.JPG

 

前方、JR埼京線

Y18_3189.JPG

 

JR埼京線板橋駅

板橋駅脇で線路の下をくぐり、抜けた所で直ぐ右に折れ、谷端川(暗渠)は今度南下コースとなる。

Y18_3190.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/600

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

「舞台は武蔵野」 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他