善福寺川北岸の「暗渠の迷宮」ー1

 

杉並地内水路網(暗渠の迷宮)全体像」も参照のこと

 

田端堰から

天保新堀用水の取水堰「広場堰」のある大谷戸橋から直線距離で480メートル程上流に、田端堰がありそこからの水路(跡)が確認できる。便宜上「田端堰からの水路」と仮称する。善福寺川流域で最大規模(およそ18ヘクタール)の田端田圃の灌漑用水路だったそうだ。
途中、矢倉台地の縁をなぞるところで、かっての天保新堀用水11年堀の水路跡を引き継ぐ形で流れていたようだ。天保新堀用水は成宗五色弁財天(弁天池)を経て、トンネルで青梅街道を抜けるコースを取るのだが、田端堰からの水路(仮称)は善福寺川北岸の田圃を潤しながら進み、最後は現在の和田堀公園辺りで善福寺川に注いでいたようだ。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

青い水路図は天保新堀用水。薄い水色の水路はその他(田端堰からの水路、

天保新堀用水地形図.gif

 

 

全体の地形図はこちら

クリックすると拡大表示されます。全体が把握できるよう、巨大な図になっています。スクロールしながらご覧ください。
水路名などの文字をクリックすると、関連したページが開きます。

 

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

2018年、突然Googlemapでの表示が不調となり、解決の方法も有りません(Googleの仕様変更かも)。しかしmap上の位置関係は判別できますので、引き続きそのまま表示します。

天保新堀用水_photomap.jpg

 

    

 

 

 

 

田端堰

荻窪2丁目、広場堰から直線距離で500メートル弱上流、春日橋の少し下流側に、堰の跡と取水口が見える。田端堰である。
ここから、天保新堀用水11年堀跡を一部利用しながら、長い水路跡を確認できる。旧ニヶ村(田端村、成宗村)の水田を灌漑する為のものだったのだろう。

Y18_1921.JPG

 

春日橋

左岸前方に水路跡の始まりが見える。

Y18_1918.JPG

 

水路跡(暗渠)スタート

車止めと広い暗渠道

Y18_1919.JPG

 

荻外荘(てきがいそう)敷地

総理大臣を3度務めた近衛文麿の旧邸で、政治的に重要な会談の場ともなった。現在杉並区管理の荻外荘公園となっている。

Y18_1922.JPG

 

右側に支流

荻外荘公園の塀が左側に続く。右側に小さな暗渠道が善福寺川まで続いている。本流との連絡通水路跡なんだそうだ。「連絡水路」と言うのがどう言う役割を果たしていたのか?この口が取水口なのか排水口なのかは知らないが、僅かな間を善福寺川から辿ってみる。

Y18_1947.JPG

 

善福寺川対岸から

かってはどうであったか、は兎も角、現在は排水口にしか見えない。

Y18_1948.JPG

 

長さ、約60メートル強。前方荻外荘。

Y18_1945.JPG

 

合流

荻外荘脇で、田端堰からの水路にぶつかる。

Y18_1946.JPG

 

荻外荘公園

Y18_1924.JPG

 

これが「水路跡だ」と言う明確なものはないが、車止めと幅広な歩道、曲がりくねった道筋に水路を想定させる。

Y18_1926.JPG

Y18_1928.JPG

 

右側、都営アパート

Y18_1930.JPG

 

完全に一般道に紛れる。

Y18_1932.JPG

 

UR住宅機構のアパート群脇を通る。

Y18_1933.JPG

 

 

大谷戸けやき緑地

右側に大谷戸けやき緑地が見えてくる。
天保新堀用水12年堀は写真右から大谷戸けやき緑地に入り、この辺でトンネルに潜り込む。

田端堰からの水路は、引き続きこのまま進行方向に進む。

Y18_1934.JPG

Y18_2134.JPG

 

田端堰からの水路、進行方向

進行方向右側、UR住宅機構のアパート群の脇に沿って進む。

Y18_1935.JPG

 

    

 

天保新堀用水トンネルとの交差地点?

どうもこの辺で新堀用水12年堀のトンネルと交差していたようだ。トンネルは、左側に立ち上がる矢倉台地をくぐる為、右側から流れていた。

Y18_1916.JPG

 

住宅地を縫って

Y18_1936.JPG

Y18_1937.JPG

Y18_1938.JPG

 

車止めが水路跡を想定させる

Y18_1939.JPG

 

矢倉台地と11年堀の合流

矢倉台地の高さが顕著となり、その脇を迂回する形で進んでゆく。
ここで右から天保新堀用水11年堀水路(跡)と合流する。ただこの田端堰からの水路が造られた時、既に11堀は既に使われなくなっていた筈だし、そもそも11年堀も既存の水路を利用する形で掘削されたらしい。いずれにしても矢倉台地と善福寺川に挟まれたこの狭いエリアに通せる水路は限られていた筈だから、歴史的な経過の中で色々な重複が有ったのだろう。

Y18_1940.JPG

 

11年堀水路側から見たところ

この矢倉台地を上がった所に、田端神社が建っている。

Y18_1941.JPG

 

田端神社

一旦水路を離れ、矢倉台地上の田端神社を見る。

Y18_2139.JPG

Y18_2137.JPG

 

矢倉台地と、かりん広場

水路(跡)に戻り、右側かりん広場。かってこの辺、水田が広がっていた。

Y18_1894.JPG

Y18_1885.JPG

 

善福寺緑地公園

善福寺川両岸に沿って広がる公園、下流側に隣接する和田堀公園と併せると広大な緑地広場となる。

Y18_1884.JPG

 

右側のフェンスは調節池の工事らしい。

Y18_1880.JPG

 

天保新堀用水11年堀トンネル

痕跡は全く無いが、11年堀のトンネルはこの辺から掘られて、矢倉台地を抜けていたようだ。

田端堰からの水路はこのまま矢倉台地の縁に沿って進む。

Y18_1878.JPG

 

車止めとハッキリした水路跡

Y18_1877.JPG

 

11年堀トンネルの発掘地点

1974(昭和49)年、トンネルの一部が発掘された場所だという。
左側台地の地下4.5メートルの所だったそうだ。

Y18_1876.JPG

 

台地に沿って左に曲がる。

Y18_1873.JPG

 

11年堀トンネルの出口?

ここも痕跡は全く無いが、この辺にトンネルの出口が有ったらしい。

Y18_1872.JPG

 

トンネルから抜けた天保11年堀はこの先開渠で進んでいたのだろうし、田端堰からの水路も同じ堀跡を進んでいたのだろう。

Y18_1870.JPG

 

空き地にぶつかり、右に曲がる
Mapでは「共立女子学園研修センター杉並寮」と有るが、ご覧の通り芝生の空き地。

Y18_1869.JPG

Y18_1867.JPG

 

二本のコース候補

杉並高校(正面奥)の脇に出るが、ここで実は2本のコースが想定される(地形図にも撮影Mapにも記載済み)。

  1. ここで右に曲がり、現在杉並高校となっている敷地を通り、2枚下の写真、ここに出る。
  2. 左側の道路に沿って進む。

おいら的には、1の右折、杉並高校敷地コースを勝手に想定しているのだが、その理由は………、

  1. 左側コースは矢倉台地の縁を上るコースとなって水路としては不自然。それに比べ杉並高校はかって田んぼだったところで地形的にも平坦。
  2. 何より2枚下の写真に見る「水路の再開」に繋がるコースが想定上、一番自然。
  3.  

ただ、文献・NET上では2の、左側コースを紹介しているケースも多い。

Y18_1865.JPG

 

最初に1のコース

水路はこの辺で、かって水田だった杉並高校の敷地に入り、1枚下の写真の所に出る。

Y18_1866.JPG

 

水路再開?

この奥は杉並高校の敷地。
暗渠道が始まる。公立学校や公園の敷地下に水路を通すことは多いので、ここに繋がる水路が明らかにこの奥に埋まっていると思うのだが、それが元々の矢端堰からの水路なのか、或は後年に設置された水路なのかは、おいらには分からない。

Y18_1597.JPG

Y18_1598.JPG

 

杉並高校正門わきに出る

想定2のコース(候補)もここを通る。

Y18_1596.JPG

 

 

次に、2のコース

想定される分岐点に一旦戻り、第2コース候補を辿る。

Y18_2197.JPG

Y18_2198.JPG

Y18_2200.JPG

 

 

杉並高校(右)と成宗須賀神社(前方左側)・成宗五色弁財天

第1のコースで有れ、第2のコースで有れ、この先は共通。

 

前方左側のけやきの木脇に、成宗須賀神社が有り、その脇に成宗五色弁財天が有る。かってそこに大きな弁天池が有った。
弁天池は天保新堀用水の取り敢えずの中継点。11年堀も12年堀もここを目指して掘削されていた。

写真右側は杉並高校。11年堀はかって田んぼだったこの杉並高校敷地を通って右側からここに出、弁天池に注がれる。
12年堀は写真後ろからこの辺でトンネルを抜け、そのままやはり弁天池に注がれていたのだろう。

Y18_1595.JPG

Y18_1852.JPG

 

 

成宗五色弁財天と弁天池

11年堀も12年堀も、取り敢えずこの弁天池が中間目標。
現在埋められて池は無い。写真左側のマンションがかっての弁天池が有った所。

Y18_1859.JPG

 

弁天池から下流方向

成宗須賀神社・成宗五色弁財天を超えてやや広い道路に出る。
一見四叉路に見えるが、前方道路には車止めが有り実際は三叉路、この先水路が続いていることが見て取れる。

 

Y18_1853.JPG

 

NEXT

善福寺川北岸の『暗渠の迷宮』-2」に続く

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/572

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

「舞台は武蔵野」 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

落合川(黒目川支流)


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他