神田川-4(高田馬場から隅田川合流)

>神田川、新高橋からの続き

 

神田川と神田上水-4

撮影Map

クリックするととGooglemapと連動して表示されます。

>kandagawa-2_photomap.jpg

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

tikeizu-2.gif

 

    

 

新高橋(前回、ここまで)

前方、高塚橋、その先戸田平橋。

kandagawa-130.jpg

前方、源水橋。背後、戸田平橋

この戸田平橋付近が、フォークソング『神田川』の舞台として歌われたところらしい。学生時代この辺に下宿していた喜多条忠が自身の体験を下敷きに作詞したとのこと。今、♪三畳一間の、………風景は見られない。

kandagawa-131.jpg

高田橋

暗渠として流れてきた妙正寺川がここで神田川に合流する。

高田橋は新目白通りに掛かる橋、すぐ脇で直行する明治通りに掛かる橋が高戸橋。
写真は下流の高戸橋から上流方向の高田橋を見たところ。

kandagawa-132.jpg

 

都電荒川線

明治通り(左脇)と並行して都電荒川線が通っている。荒川線は写真後方でほぼ90度左折して、今度は新目白通りに沿って走る。

この辺、二つの道路と都電、神田川の交差で、やや複雑な様相。

kandagawa-134.jpg

 

神田川遊歩道に戻って

kandagawa-135.jpg

 

上総層群(かずさそうぐん)

曙橋付近から下流にかけて、神田川屈指の景観が川底に見られる。上総層群。
上総層群東京の上総層群については、>こちら参照。

神田川の流れで関東ローム層が流されて露出したものか、神田川改修で掘り下げた時に露出したものをそのまま残しておいたものか。どちらにしても堅く平坦な地層なのでコンクリートで覆う必要が無かったのだろう。そのお陰で何とか三方コンクリート護岸を免れ、神田川流域の中でも屈指の見所となっている。

なおこの上総層群は多摩川中流域(>昭島>宿河原)、>仙川の一部でも見ることが出来る。

kandagawa-136.jpg

kandagawa-137.jpg

この辺、もっと広く露出しているのだが、下流の工事の為、水位が上がってのことだろう、水の濁りとともに露出部分が少なかった。

kandagawa-138.jpg

 

工事区間を過ぎると水位も通常になり、広く露出した上総層群が見られる。

kandagawa-140.jpg

powerhill-111.jpg

kandagawa-141.jpg

kandagawa-142.jpg

 

    

 

権力の丘

神田川の流れに沿って、南に面して長い崖(落合崖線、目白崖線)が続くここは、権力者にとって格好の邸宅・庭園の地として垂涎の地だった。
>こちら参照。

前方、ホテル椿山荘、かって明治の元勲、山形有朋の邸宅・庭園の跡地。左側、神田川に沿って長く続く土塀に囲まれた木立の中に、広大な庭園が広がる。

kandagawa-143.jpg

 

胸突き坂と関口芭蕉庵

神田川の流れる沖積面と豊島台を繋ぐ急坂。階段の始まるところに関口芭蕉庵の入口がある。

kandagawa-144.jpg

 

関口大洗堰

大滝橋、江戸川公園

井の頭池から引いてきた神田上水を、水位を上げるための大きな堰を小石川の地、現在の大滝橋あたりに築いた。関口の地名もこの堰に由来すると言う。
多くの場所が海を埋め立てて広げた江戸の町にとって、上質の水を確保することは江戸幕府喫緊の課題であって、家康の江戸入府の初期の頃に>神田上水の掘削が行われた。大洗堰はその神田上水の言わば最後の堰で有って、ここで取水された水が江戸の町に分配・給水された。
「大滝橋」の名が示す通り、この堰から落ちる水は滝の様相で、大きな水音が響いたという。又、目白台の崖を背に風光明媚な所でもあり、植えられている桜とともに江戸庶民の観光名所でも有ったらしい(古い写真にその様子が写っています。検索してください)。現在はここに江戸川公園が設置されている。

上水と余水(江戸川)

関口大洗堰は水位を上げるとともに、流れを二つに分け、左側を上水用とし、余水を右側に流した。この余水の流れが江戸川と呼ばれるようになったが、1965年(昭和40年)河川法改正で神田川に統一された。
左側の上水は、一旦水戸藩江戸上屋敷(現在小石川後楽園)に引き込まれ、邸内の生活用水、庭園の池などに使われた後、屋敷を出て、水位維持の為、掛樋(御茶ノ水掛樋を掛けて現在の水道橋の地点で神田川(当時の江戸川)を超え、江戸市中に配した。
小石川後楽園にはかっての神田上水の流れ跡が残されている。

※ 下掲の>地形図に御茶ノ水掛樋までのルートを書き込んでおきましたが、こちらの図を参照して書き起こしたもので大雑把な推定です。

 

※ ただ神田上水は自然河川である神田川、善福寺川、妙正寺川を整備したもので、元々標高の低い谷筋を流れている。下の江戸川公園の写真を見ても分かる通り、神田川の北側には目白台の崖がそびえ立っている。
自然流下方式の神田上水では、江戸の下町への給水は出来たものの山の手台地上、特に江戸城に給水することは出来ず、水需要の増加と併せ、標高の高い台地の峰筋を通す玉川上水の開削が必要となった所以でもある。関口大洗堰の標高10メートル、神田上水四谷大木戸の標高33メートル。

関口大洗堰の終焉

これ程由緒ある関口大洗堰であるにもかかわらず、神田川にその痕跡は今殆ど残っていない。江戸川公園の片隅に僅かにミニチュアが残っているのみ。
内田宗治氏は著書『水が教えてくれる微地形散歩』の中で、大要次のように記している。
神田上水経由でのコレラが頻発、何時しか神田上水が有難い水の供給源としてよりも、疫病の元として怨嗟の的となり、その為特にその記念碑・施設を残そうと言う気にならなかったのではないか、と。

 

芭蕉と大洗堰

俳人松尾芭蕉がこの大洗堰工事に係っている。直ぐ近くに「>関口芭蕉庵」もある。
俳聖と土木工事、最初この組み合わせはどうにもピンとこなかった。
だが芭蕉は伊賀の国(三重県)藤堂藩の武士出身だったそうだし、藤堂藩は藩祖高虎以来築城・土木水利に長じていたそうで、実際幕府から神田上水改修工事を命じられていたらしい。
俳聖として流浪の旅ををしながら霞を食っていたイメージの芭蕉だが、やはり世俗的にもなかなかの実力者だったようだ。そう言えば俗説だが芭蕉の「奥の細道」紀行は、諸藩の実情を調べる隠密的な目的だった、との説もある。

 

kandagawa-146.jpg

kandagawa-145.jpg

 

江戸川公園

この右側に神田川が流れている。

kandagawa-147.jpg

 

目白台との高低差

神田川の直ぐ北側に、目白台の崖がそびえ立っている。権力者にとって南に広がる長い崖線は邸宅・庭園地として格好の地だったろうが、神田上水の水はこの崖を超えることはできない。

kandagawa-148.jpg

 

関口大洗堰記念碑

江戸川公園に関口大洗堰の記念碑が築かれている。ただ上でも述べた通り、これ程由緒ある関口大洗堰を記念するには少し貧弱過ぎる。

大洗堰碑の脇に、由来碑とその説明が有った。以下その写し

大洗堰の由来碑について

かってこの地には神田上水の堰があり、古来より風光明媚な江戸名所として知られていました。上水の改修工事には俳人松尾芭蕉も関与し、その旧居(芭蕉庵)は400m程上流に復元されています。
大正八年、東京市はこの地を江戸川公園として整備し、史跡(大洗堰)の保存に努めましたが、昭和一二年になり江戸川(神田川)の改修により失われたので、翌年、堰の部材を再利用して由来碑を建てました。
左の碑文は、その文面です。由来碑は既に失われましたが、近年この碑文のみが見つかりましたのでここに設置致しました。

平成三年三月
文京区役所

powerhill-73.jpg

kandagawa-149.jpg

堰のミニチュア版

kandagawa-151.jpg

 

江戸川橋まで

kandagawa-152.jpg

江戸川橋の脇に、建っている碑

kandagawa-153.jpg

kandagawa-154.jpg

 

江戸川橋

kandagawa-155.jpg

 

ここから神田川の横に首都高速池袋線の高架が被さる。

kandagawa-156.jpg

kandagawa-157.jpg

 

 

 

旧江戸川を隅田川まで

地形図-後半

tikeizu-3.gif

kandagawa-158.jpg

kandagawa-159.jpg

 

飯田橋

神田川と、水面として残っている四谷~飯田橋間の外堀がぶつかるところ。
道路も水面も、そこに架かる橋も複雑に絡み合っている。

kandagawa-160.jpg

kandagawa-161.jpg

kandagawa-162.jpg

kandagawa-163.jpg

 

小石川橋-日本橋川が分流

ここで日本橋川が分流され、JR中央本線の下をくぐって南東(右)に流れる。
首都高速5号池袋線の高架もここで右にカーブし日本橋川に被さる形で通ってゆく。道路起点となっている日本橋の上が高架が塞いでいることはご存知の通り。

kandagawa-164.jpg

 

東京ドームと小石川後楽園

神田川に沿っての都道405から北側方向。東京ドームに隣接して小石川後楽園がある。
神田上水の旧上水路は小石川後楽園(旧水戸藩江戸上屋敷)に先ず導かれていた。

kandagawa-165.jpg

 

水道橋

白山通りに架かる橋。水道橋の名前の由来は水戸屋敷から出た神田上水が、関口大洗堰で余水として分流・流された江戸川(現在神田川に統一)をここで掛樋によって超えていたことによる。但し当時の掛樋橋はここより少し下流だったようだ。

kandagawa-166.jpg

 

 

水道橋から北方向白山通り

遊園地の後楽園が見える。白山通りは小石川の谷筋になっている。
かってここに小石川が流れていたのだろう。

kandagawa-169.jpg

 

御茶ノ水分水路吞口(入口)

水道橋の直ぐ下流に見える。御茶ノ水分水路戸口(出口)は昌平橋と万世橋の間にある。

kandagawa-168.jpg

 

御茶ノ水分水路記念石

kandagawa-172.jpg

 

水道橋記念プレート

kandagawa-167.jpg

 

水道橋脇にあるモニュメント

kandagawa-170.jpg

 

案内プレート

モニュメントの直ぐ脇に設置してある(上の写真で男性が見ているもの)。関口大洗堰から水戸屋敷を経て水道橋の掛樋に至る、旧神田上水のルートが記されている。

kandagawa-171.jpg

 

掛樋の記念碑

現在の水道橋から100メートル弱下流の位置。

kandagawa-173.jpg

 

東京のグランドキャニオン-仙台堀

この辺、御茶ノ水駅にかけて非常に深くなっている。誰かが「東京のグランドキャニオン」と書いていたが、確かにむべなるかな、と言った感じである。
しかもこの「渓谷」は当時、神田山と呼ばれていた本郷台地を切り通しての人の手による谷である。

二代将軍秀忠の時代、平川(神田川の昔の名前)を江戸城の天然の堀とすべく、その工事を伊達藩に命じた。
藩祖正宗が、現在の飯田橋近くの牛込橋から秋葉原近くの和泉橋間を担当し、この区間にある神田山を切り通して現在の御茶ノ水に人口の谷を開削した。この区間は特に「仙台堀」或いは「伊達堀」とも呼ばれる。

kandagawa-174.jpg

 

御茶ノ水橋

上記したようにこの前後が神田川で一番深いところ。

現在の「東京のグランドキャニオン」でもあり、かって漢学者達から、中国の絶景「赤壁」になぞらえて小赤壁とも呼ばれていたそうだ。

kandagawa-175.jpg

 

御茶ノ水橋から下流、聖橋を望む

kandagawa-176.jpg

 

聖橋から下流方向

遠く見える橋は昌平橋

kandagawa-177.jpg

 

万世橋

秋葉原フェチにはお馴染みの橋。
直ぐ近くに、今は廃止されたレンガ造りの万世橋駅の跡がある。

kandagawa-178.jpg

 

万世橋から下流方向

kandagawa-179.jpg

 

柳橋

神田川としては最後、最下流の橋。

kandagawa-180.jpg

 

隅田川に合流

柳橋から合流点を見る。中央の橋は隅田川に架かる両国橋。

kandagawa-181.jpg

 

両国橋

kandagawa-182.jpg

 

両国橋からの、隅田川上流方向

kandagawa-185.jpg

 

隅田川下流方向

やがて東京湾に注ぐ。

kandagawa-186.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/400

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte