神田川-3(善福寺川合流から高田馬場)

>神田川、善福寺川合流地点からの続き

 

神田川と神田上水-3

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>kandagawa-2_photomap.jpg

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

tikeizu-1.gif

 

    

 

神田川と善福寺川合流地点

前方、善福寺川にかかる和田廣橋。この右側で神田川と合流、合わせて神田川として流れる。
 

kandagawa-101.jpg

 

和田見橋

kandagawa-102.jpg

 

富士見橋

脇に区画整理を記念した大きな石碑。
この橋からしばらくの下流、神田川の真下を地下鉄丸の内線支線が走っているとのこと。

kandagawa-103.jpg

富士見橋から見た神田川の流れ。

kandagawa-104.jpg

 

千代田橋

この辺から神田川の護岸と、それに伴って掛かっている橋がリニューアルされていた。

kandagawa-105.jpg

 

赤い欄干と擬宝珠の新橋

kandagawa-106.jpg

 

花見橋

前方、新宿新都心の高層ビルが見えて来た。

kandagawa-107.jpg

 

月見橋

左脇の橋詰に、東京都下水道局弥生ポンプ施設

kandagawa-108.jpg

 

月見橋脇に表示されている案内板

これによると川底に下水道管が敷設されているらしい。

kandagawa-109.jpg

 

長者橋

山手通りに掛かる橋。
この近くに、「中野長者」と呼ばれた人の住居跡があっての橋名だとのこと

kandagawa-110.jpg

kandagawa-111.jpg

 

    

 

淀橋

「淀橋」の名前の由来は諸説あるらしいが、そこからこの辺が「淀橋区」と呼ばれ、旧淀橋浄水場もここに有った。その跡地が現在新宿新都心の高層ビル群となっている。
ヨドバシカメラもここを発祥の地とする。

kandagawa-112.jpg

kandagawa-113.jpg

 

 

末広橋

現在暗渠となっているが、かって「桃園川」と言う川が流れていたという。その合流口だと思われる。

kandagawa-115.jpg

kandagawa-116.jpg

 

末広橋脇の小公園と『神田川』の歌碑

末広橋の手前、左側に小さな公園があって、フォークソング『神田川』の歌碑が、やや唐突と言う感じで置いてある。

kandagawa-114-2.jpg

『神田川』の作詞者、喜多条忠が詩に詠んだ舞台は、ここから大分離れた高田馬場駅を超えた>戸田平橋付近だとのこと。
歌碑がここに建てられた経緯は知らないが、たまたま手ごろな広場が神田川沿いのここに有った、と言うことか。

kandagawa-114.jpg

 

新開橋

この辺から神田川の沿線、時期には花見で賑わうようだ。

kandagawa-117.jpg

kandagawa-118.jpg

 

 

落合水再生センターと落合中央公園

都道25号にかかる小滝橋を超えて少し行くと、歩道・自転車専用道が一旦終わり、通常の道路に代わった所に落合水再生センターが左側に広がる。ここからの高度処理再生水が、例えば>呑川の主要な水源となっている。

kandagawa-119.jpg

 

落合中央公園に上がる階段からの、神田川下流方向の眺め

kandagawa-120.jpg

 

再生センターの上は「落合中央公園」となっていて、野球場などがある。

kandagawa-121.jpg

kandagawa-122.jpg

 

水再生センター敷地が終わるところで、再度遊歩道・自転車道が再開。

kandagawa-123.jpg

 

新堀橋

この先、しばらく川に沿って歩けない。
神田川はこの先大きく右に曲がって行く。前方左から妙正寺川が流れ込んでくる。「落合」の地名が示すように、かってはこの先で神田川と妙正寺川が「落ち合って」いたのだろうが、今の合流地点は明治通りと新目白通りの交差点付近、高田橋の下。

kandagawa-124.jpg

 

妙正寺川

上の写真の少し先、西武新宿線を超えたところで妙正寺川にぶつかる。妙正寺川はこの先(下の写真でいえば後方)で暗渠となる。

kandagawa-125.jpg

 

暗渠となる妙正寺川

暗い部分にピント位置が来た為、ボケボケ。しかしこの1枚しか無かったので止むを得ず掲載。
妙正寺川は暗渠として流れてゆきこの先、>高田橋で神田川と合流する。

kandagawa-126.jpg

 

落合橋

この辺、川に沿っての遊歩道はない。

kandagawa-127.jpg

 

田島橋

高田馬場駅はこの先直ぐ。

kandagawa-128.jpg

 

高田馬場渓谷

高田馬場駅前からの道に掛かる新高橋から上流方向。高架手前が西武新宿線、奥にJR山手線が通っている。
この新高橋は通称高田馬場渓谷の出口に架かる橋。確かにこの上流部は地形的には北側の豊島台が深く長い崖(落合崖線)を連ね、南側の淀橋台に挟まれた谷状になっている(地形図参照)。川幅も狭まって、神田川中一番の急流となっている。

水害多発地帯

かってはこの少し上流の落合で妙正寺川が合流していたし、さらに上流で善福寺川が合流している。崖に挟まれた地形と相まってこの辺は水害多発地帯でも有ったそうだ。普段は川底に僅かばかりの流れしか見えないが、コンクリートやアスファルトで覆われた都市で一旦雨が降れば、地中に浸透する間もなくアッという間に河川に流れ込む。
妙正寺川合流点の下流への付け替えはこの水害対策の意味もあってのことだろう。>地下調整池も含め、80年代以降のこれら対策で今はあまり水害の話は聞かない。しかし今でもここから上流では大雨が降った時、しばしば危険水域に達し、この新高橋にTVカメラが押し寄せると言う話ではある。

kandagawa-129.jpg

 

    

 

新高橋から、下流方向

前方、高塚橋、その先『神田川』で歌われた場所に架かる戸田平橋

kandagawa-130.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/399

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

狭山丘陵と狭山湖・多摩湖

羽村山口軽便鉄道

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte