神田川-1(井の頭池から高井戸まで)

 

神田川と神田上水

神田川

神田川は三鷹市井の頭池を源として、途中善福寺川、妙正寺川を合流しながら、杉並区、新宿区を経て、台東区、中央区、墨田区の境界にある両国橋脇で隅田川に合流する、全長24.6㎞の一級河川。
都心を流れる川としては稀有とも言える、全区間開渠。
 

神田川の名称

「神田川」の呼称からして由緒ありそうな川に思えるが、徳川家康江戸入府以前は「平川」と呼ばれる、今の水道橋辺りから当時の日比谷入り江に注ぐ小さな川だったらしい。家康の命により整備された神田上水が今の神田川になっている訳で、名称と共に川の姿も比較的最近のことだと言えよう。
上水の開通に伴い、井の頭池から小石川の関口大洗堰に至るまでの区間を「神田上水」と称したとされている。
関口の堰から飯田橋までを「江戸川」、飯田橋から隅田川までを「外堀」と呼んでいたのを、1965年の河川法改正によって、全域通して「神田川」と称するようになったという。

 

神田上水

神田上水開削の由来についての詳細な確証は乏しい様だ。
工事に当たったのは家康の命を受けた大久保藤五郎だとされている。藤五郎は最初に小石川上水を手掛け、それを整備・拡張する形で井の頭池に水源を求める神田上水を通したと言われるが、藤五郎は上水についての意見具申をしただけだとの説もあるようだ。
玉川上水と比べてもほぼ半世紀前のことであり、家康江戸入府の直後だと言う点を考えると、正確な史料が無いのも止むを得ないだろう。

神田上水は明治維新後も、江戸市民の飲み水として使われたが、現在は上水道としての役割は終わっている。理由は水質汚染。特に1886年(明治19年)に勃発したコレラの大流行。浄水施設を有しない神田上水の限界だったのだろう。
その後明治政府は淀川浄水場を建設するなど、近代水道化を進める。
1901年(明治34年)神田上水の給水は完全に停止、廃止された。

 

神田上水と玉川上水

下の地形図を見て頂くと分かるのだが、元々の源流が谷地型遊水池としての井の頭池であり、そこから自然落下で流す神田上水は、従って標高の低い谷の部分に沿って流れるしかない。関口大洗堰(標高10㍍)でせき止め水位を上げて配水している訳だが、それでも配水出来るのは基本的に沖積低地に限られる。大事な江戸城に給水は不可能。

それに対し最初から人口開削の玉川上水は、取り合えずの目標を井の頭池に置きながらも神田上水に合流させることなく、神田上水と並行する形で武蔵野台地の峰を通している。玉川上水の最終地点である四谷大木戸の標高は33㍍の高さを確保し、江戸市内全域への配水を可能にしている。試みに自然成立の山としては23区最高とされる愛宕山の標高が25.7m(愛宕神社境内の三角点の記録)。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

kandagawa-1.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>kandajosui-photomap.jpg

 

    

 

井の頭池

井の頭公園の中央に細長く広がる井の頭池。中央に掛る七井橋の名前の由来にもなっているように、かっては七か所の湧水口が有ったそうで、七井の池とも呼ばれていたと言う。
井の頭の地名も、三代将軍家光の「井戸の頭」によるものだとか。かっては豊富な湧水でこの池もきれいな水が湛えられていたのだろう。今、水質の悪化防止、保全に苦労しているようだ。

案内図

上掲Map、地形図と向きが逆。

kandagawa-1-5.jpg

 

湧水と遺跡

水の乏しい武蔵野台地にあって、こうした豊富な湧水池と古代遺跡は約束事と言える。
今も幾つか「湧水口」が見られるが、これは自然の湧水ではなくポンプアップによるもの。

kandagawa-1.jpg

kandagawa-2.jpg

 

井の頭池のかいぼり(水抜き・日干し)

今回(2016/1/1)井の頭池のうち、ボート池と御茶ノ水池部分の水がポンプでくみ上げられ、「かいぼり」がされていた。
かいぼりの実施は都立公園では初だとのことで、見慣れた池としての風情には欠けるものの、滅多に無いことなので貴重な体験としておこう。
かいぼりの目的は天日干しによる水質改善や、外来種の捕獲による生態系の保護など。

しかし帰ってからネットで見たら、自転車や或いはバイクなどまで、膨大に投棄されていたものが引き上げられたとのこと。投棄されたこれら自転車等の処理費用は予算に入っていなかったようで、全く迷惑なことだ。

 

kandajosui-3.jpg

露出した池の底から、あちこちで僅かではあるが湧き水が確認できる。これもかいぼりのお陰。

kandajosui-4.jpg

 

御茶ノ水

現在見られる湧水口は池の西端にある「お茶の水」。家康が関東随一の名水と称えたことからの名称だとのこと。
ただやはり現在、水はポンプアップによるものだし、広い池の水をきれいに保つには圧倒的に水量が足りない。

今回かいぼりの為、ここからの給水も止まっていた。だけでなく四角な桝も交換されるのか見慣れているもの(2013年撮影)とは違っていた。しかし風情は下の方が絶対いいと思うのだが。

kandajosui-1.jpg

kandagawa-5-1.jpg

 

御茶ノ水脇から、池尻方向を望む。

こちらはかいぼりの対象にはなっていない様だ。順次やってゆくのだろうか?

kandajosui-2.jpg

 

    

 

神田川

こちらは池の東南の端。掛かっている橋は水門橋。
ここから神田川が始まる。

kandagawa-6.jpg

kandajosui-6.jpg

kandajosui-5.jpg

 

京王井の頭線をくぐって

kandajosui-7.jpg

 

この辺、親水エリアになっている。雰囲気も中々いい。
2013年7月撮影

kandagawa-12.jpg

kandajosui-8.jpg

 

夕焼け橋

親水エリアはここまで

kandajosui-9.jpg

 

夕焼け橋から先は、コンクリート護岸による普通の都市河川の様相となる。

kandajosui-10.jpg

kandajosui-11.jpg

 

一部を除き両岸にほぼ一貫して緑道が続く

kandajosui-12.jpg

 

親水エリア風だが川の中には立ち入れない。

kandajosui-13.jpg

 

 

  三鷹台駅

ここから、僅かな間だが神田川沿いの緑道が途切れる。一般道に迂回する。

kandajosui-14.jpg

 

緑道再開

kandajosui-15.jpg

 

両岸の至る所に、小公園・小緑地が点在している

kandajosui-16.jpg

kandajosui-17.jpg

 

久我山を超えた辺りから右岸に崖線が迫る。
左側は京王井の頭線。

kandajosui-18.jpg

kandajosui-19.jpg

kandajosui-20.jpg

kandajosui-21.jpg

 

高井戸駅

前方、タワーの建っている所が高井戸駅

kandajosui-22.jpg

kandajosui-23.jpg

玉川上水排水口

こちらからの水がここに排水される。

kandajosui-24.jpg

 

佃橋

高井戸駅(左側)脇、環八に掛かる佃橋を超えて、神田川と緑道は続く

kandajosui-25.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/397

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte