残堀川-1(源流から玉川上水交差)

 

付け替え、流路変更を重ね、そして………、堀だけが残った

 

残堀川は狭山丘陵西端付近の狭山池を源とし、立川市芝崎町で多摩川に合流する一級河川。
都市河川の常として流路変更はよく見られるが、残堀川もその例にもれず、いや、他と比較しても頻繁な付け替え工事・流路変更がされたようだ。
元々は矢川に注ぐ川だったが、玉川上水開通後、それに合流・助水したり交差によって上水から切り離されたり、下流部では根川に注いでいたなどの変遷を重ねたようだ。

そもそも「残堀川」の呼び方が定着したのは何時の事なのだろう? これも度重なる河川改修と関係が有りそうだ。

 

河川改修に伴う、瀬切れ現象

残堀川とは字面が示す通り、降雨時とその直後を除いて水流が途絶える「瀬切れ」によって、「堀だけが残る川」になってしまったもの。
瀬切れの原因としては、他の河川にも見られる一般的な要因として、水源(狭山丘陵からの流出水)の減少、都市化に伴う雨水浸透の減少、下水道の普及による河川への排水減少などが考えられるが、それとは違う残堀川独自の原因として、度重なる河川改修によって、河床が関東ローム層を突き破り下の歴層まで掘り下げられた為の、所謂「水喰らい土」現象によると考えられる。つまりは改修工事のずさんさが瀬切れの原因だと言えそう。
そう考えられる根拠として、瀬切れ現象が比較的短期の一定時期を境に起きたこと。その時期に、他の河川にも見られる上記一般的な水量減少の要因が特に顕著だった訳でないこと、等など。

2007年6月、東京都は不透水層の設置等の瀬切れ対策を含んだ河川整備計画を発表した、とのこと。

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

zanborigawa-photomap.jpg

 

    

 

今回狭山池から玉川上水交差までの間は、武蔵野台地の平坦な立川面を大きな高低差もなく、しかも「残堀川」の名のとおり水の流れも無く、あまり見どころもないまま比較的単調なコースが続く。

 

源流部

残堀川の源流は東京都西多摩郡瑞穂町の「狭山池」とされている。この池に湧水が出ているかどうか、承知していないのだが、狭山丘陵からの何本もの流水路が狭山池や残堀川に注ぎ込んでいて、「源流」と言うなら、それら全体を含めて考えるのが正解なのだろう。

 

狭山池の上流部、丸池からの流れ

源流部とされる狭山池の北東に水路がある。位置的には狭山池の上流部。但し今回水の流れは全く確認できなかった。
写真は上流方向。水路は更にこの先から続いているようだが、水の流れも無かったし、「蛇に注意」の看板なども有り、兎も角ここが最上流部と言うことにして、ここから下ることとする。

zanborigawa-1.jpg

 

上の写真と同じ位置からの、下流方向。
この先に「丸池」がある。

zanborigawa-2.jpg

 

丸池

水の動きは全くなし。

zanborigawa-3.jpg

 

なにやら水路脇に水路関連風な施設が。

zanborigawa-4.jpg

 

丸池からの水路

zanborigawa-5.jpg

水の仙人が住む道

近くに「水の仙人が住む道」の看板が有った。確かに雰囲気は悪くないのだが水の動きが全くない。このままだと夏などは蚊の発生なども有るんじゃないか。

zanborigawa-6.jpg

 

狭山丘陵からの流水路

zanborigawa-7.jpg

 

同じくこれも流水路

いずれも流水はなし。

zanborigawa-8.jpg

 

狭山池

前方「調練橋」。どう言ういわれが有っての橋名か?
この橋の先が狭山池。

zanborigawa-9.jpg

zanborigawa-10.jpg

 

水に付き物の「厳島神社」

zanborigawa-11.jpg

zanborigawa-12.jpg

zanborigawa-13.jpg

zanborigawa-14.jpg

 

水の出口

zanborigawa-15.jpg

 

    

 

残堀川スタート

狭山池から出て、残堀川としてのスタート。

zanborigawa-16.jpg

 

下流側からの狭山池方向

zanborigawa-17.jpg

 

道路をくぐって

zanborigawa-18.jpg

zanborigawa-19.jpg

zanborigawa-20.jpg

 

狭山丘陵からの流水路

zanborigawa-21.jpg

 

5月です

zanborigawa-22.jpg

 

 

狭山丘陵からの流水路

zanborigawa-23.jpg

zanborigawa-24.jpg

zanborigawa-25.jpg

 

ここにも狭山丘陵からの流水路

遠方に狭山丘陵。

zanborigawa-26.jpg

 

川床には多少の造形が有るが、全体として単調な風景

zanborigawa-28.jpg

zanborigawa-29.jpg

 

鵜がいたが、そのエサとなる魚が殆ど見えない。その点で他の河川、例えば野川などと異なる。
おそらく瀬切れによって水の流れが途絶え、水が有っても低い所だけに孤立する為、魚の繁殖や定着が難しいのではないか。

zanborigawa-30.jpg

 

新青梅街道

zanborigawa-31.jpg

zanborigawa-32.jpg

 

親水エリア的な場所

殆ど流れは無いし、水に親しんでいる人もいなかった。

zanborigawa-33.jpg

zanborigawa-34.jpg

 

羽村山口軽便鉄道

ここで>羽村山口軽便鉄道跡の緑道が残堀川と交差する。

keibentetudo2-11.jpg

zanborigawa-35.jpg

 

狭山丘陵からの流水路

名前は分からないが、結構大きな水路。

zanborigawa-36.jpg

zanborigawa-37.jpg

 

瀬切れ

こんな風に、完全に水流は分断。低地にだけ辛くも水が残っているだけ。これでは魚も繁殖・定着が難しいだろう。

ただ都市河川の常で、大雨が降れば一気に水が流れ込む。その為の広い護岸が必要だし、一応一級河川になっているのもその為だろう。

zanborigawa-38.jpg

zanborigawa-39.jpg

 

新残堀橋

zanborigawa-40.jpg

 

zanborigawa-42.jpg

zanborigawa-43.jpg

 

メタセコイヤのある小公園

zanborigawa-44.jpg

 

旧日産村山工場

伊奈平橋で多摩大橋通りに出る。前方のわらべや工場の右側(下流方向)、広大な旧日産村山工場跡が広がり、その脇を多摩大橋通りに沿って1.5キロ近く直線になる。ここから下流域は河道付替工事による人工の流路となる。

zanborigawa-46.5.jpg

 

多摩大橋通りと旧日産村山工場跡

写真左側に広大な旧日産村山工場跡が広がる。現在この敷地は宗教法人真如苑の所有になっているらしい。空き地のまま特に利用されている様相もなく放置状態。
実は地図を見ただけでは、小さく「真如苑グラウンド」の表記が脇に有るだけでここが何であるかハッキリ分からない。固定資産税だけでも相当なものだと思われるが、若しかして宗教法人は無税?

zanborigawa-48.jpg

 

地図ではハッキリしないこの場所を、Googlearthによる航空写真で。

zanborigawa-46.6.jpg

 

真如苑敷地に沿って真っ直ぐな道と川筋が続く

zanborigawa-49.jpg

 

何年も活用されているとは思われない草原が広がる。

zanborigawa-50.jpg

zanborigawa-51.jpg

zanborigawa-52.jpg

zanborigawa-53.jpg

 

敷地に沿って左にカーブ

zanborigawa-55.jpg

zanborigawa-56.jpg

 

西武拝島線

zanborigawa-57.jpg

 

旧日産村山工場敷地(真如苑)からの水路がここで合流

zanborigawa-58.jpg

 

西武拝島線をくぐって

完全な空堀

zanborigawa-59.jpg

zanborigawa-60.jpg

 

玉川上水と交差

前方上水橋の脇で玉川上水と直交、玉川上水は残堀川の下を写真右から左へ、「伏せ越し」でくぐって交差する。直交する残堀川の流れと合流することなく、サイフォンの原理を利用し、残堀川の下をくぐって(伏せ越し)玉川上水の水を下流に流している。

残堀川の流路は何回も変遷を重ね、現在の天王橋付近で玉川上水に繋ぎ、その助水とした時期もあったようだ。 明治に入り残堀川の水が汚れて来て玉川上水への助水は中止され、交差によって玉川上水の水とは切り離される。、その時は今とは逆に玉川上水の下をくぐらせて最終的に根川に合流させていた。
さらにその後残堀川の洪水対策として、比較的水量を制御しやすい玉川上水を伏せ越しとし残堀川は平らな川床の現在の姿になった。今の姿は1963年(昭和38年)の施工によるもの。

写真前方橋の下、水たまりの辺りを右から左に玉川上水がくぐって抜けている。

zanborigawa-61.jpg

 

鈴掛橋の左脇を玉川上水が直交

zanborigawa-62.jpg

 

残堀川下流方向

zanborigawa-64.jpg

 

玉川上水上流側

zanborigawa-65.jpg

zanborigawa2-4.jpg

 

玉川上水下流側

残堀川をくぐりサイフォンの原理で湧き出し、左側に流れる玉川上水。

zanborigawa-66.jpg

 

振り返って、残堀川上流方向

前方、西武拝島線。

zanborigawa-67.jpg

 

NEXT(昭和記念公園、大滝を経て、多摩川合流

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/416

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

狭山丘陵と狭山湖・多摩湖

羽村山口軽便鉄道

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte