立川崖線の終焉-根川と染地せせらぎの散歩道

 

根川と染地せせらぎの散歩道

立川崖線に沿って、多摩川に落ち込む根川

立川崖線が大きく湾曲しながら多摩川に落ち込む狛江市元和泉地区、ここは立川崖線の終焉でもある。
この湾曲そのままに、崖線の根際をなぞる形で根川が流れていた。かっては崖線(ハケ)からの豊富で清冽なな湧水を集めて流れ、生活用水として或いはこの地に広がる田んぼの灌漑水として利用されてていたそうだ。が、今その湧水と水の流れは殆ど見られない。
下の地形図を見ても分かる通り、これ程ハッキリ崖線の輪郭に沿った川筋も珍しい。「根川」の名前の由来も、若しかしたらハケの根元に沿って流れていることに由来するのかも。

※ なお立川にも同じ名前の「>根川」が有るが、当然別の川だ。

 

染地せせらぎの散歩道と根川開渠

それ程長い川ではない。
現在、上流部の、調布市染地の羽毛下橋交差点から染地小学校前交差点までの間が「染地せせらぎの散歩道」として整備され、染地小学校前から多摩川までの下流が開渠となっている。尤も普段水は殆どない。
地形図を見ると、羽毛下橋交差点より上流部も崖線が発達して続いているので、かってはそれに沿ってもっと上流からの流れが有ったと思われるが、今その痕跡は見当たらないようだ。

 

根川と六郷用水

現在根川は、都道114の水神前交差点脇で多摩川に合流する形になっている(六郷配水樋管)。この水神前交差点付近は同時に、かっての六郷用水の多摩川取水口が有った場所でも有った。
かって根川は、沿線の田んぼを潤した後、その余水を六郷用水や多摩川に合流してしまうのでなく、最後、河原の田んぼに水を供給していたようだ。その為に六郷用水を跨ぐ掛樋も掛かっていた時期が有ったそうだが、その後六郷用水に取り込まれて行ったらしい。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

negawa.gif

 

撮影マップ

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>negawa-photodata.jpg

    

 

染地せせらぎの散歩道

調布市染地、羽毛下橋からせせらぎの道が始まる。羽毛下橋は、「ハケ下橋」からの当て字か?
ここから上流部も、若しかしたら暗渠で続いているのかも知れないが痕跡が見つからなかった。一応ここからスタート。

negawa-10.jpg

 

かっては豊富な湧水が有って、この水路も満々と清水が流れていたんだろう。
根川の流域には広い田んぼが広がり、そこを潤していたんだそうだ。

negawa-11.jpg

 

立川崖線(ハケ)に沿って

下流に向かって左側(北側)には立川崖線が続く。せせらぎの道はこの崖線沿いに続いている。
水路に水は流れていないが時に流すことも有るのだろうか?

 

negawa-12.jpg

negawa-13.jpg

negawa-14.jpg

距離的に長くはないが、よく整備されていて気持ちのいい緑道

negawa-15.jpg

negawa-17.jpg

 

崖線との高低差

negawa-18.jpg

negawa-19.jpg

 

せせらぎの散歩道、終わり

この少し先で緑道は終わり、根川が開渠として現れる。但し普段水は殆どない。

negawa-20.jpg

    

 

根川開渠

染井小学校前交差点から開渠の始まり

negawa-21.jpg

 

水の流れは無い

negawa-22.jpg

negawa-23.jpg

 

「根川桜通り」と呼ばれている。

negawa-24.jpg

negawa-25.jpg

negawa-26.jpg

多摩川住宅と千町耕地

右岸には「多摩川住宅」が続く。
かってこの辺一帯、根川とハケ下の湧水を利用した「千町耕地」と呼ばれる程の田んぼが広がっていた。

negawa-27.jpg

 

多摩川の土手

前方、都道114を挟んで多摩川の土手が見えてくる。
ここで根川は大きく左にカーブし、六郷配水樋管から多摩川に合流する形になっている。

negawa-28.jpg

negawa-29.jpg

多摩川合流と六郷用水

六郷配水樋管の中から、今辿ってきた根川方向。

negawa-31-4.jpg

 

六郷用水?と合流

配水樋管の中で、前方から入ってくる根川と、写真左側から入ってくる水路が合流する。この左側からの水路は何だろう?
位置的には六郷用水にそのまま繋がるコースになっているし、事実かっての六郷用水はこの下流(右側)に始まる。

だがそもそも、六郷用水の取水口から上流に続くこの水路が、六郷用水だとは考えにくい。その辺の独断的推論と水路の写真は>こちら

negawa-31-2.jpg

 

こちら、左から入ってくる水路(六郷用水?)。

negawa-31-3.jpg

 

地上から見た合流点

写真右側が根川、左側が多摩川と並行して流れ込んでいる水路。
ここで合流して六郷配水樋管を経て、多摩川に合流する。

negawa-7.jpg

 

水路の上流側

写真左端は多摩川の土手。
水路はこのまま多摩川と並行して200メートル弱、開渠のまま続く。

多摩川からの取水口から上流に伸びているこの水路、六郷用水とどう関係するのか?

negawa-9.jpg

 

六郷配水樋管

ここから多摩川に流れ出す。

negawa-30.jpg

 

玉翠園

根川合流地点の脇、都道114と根川が交差する水神前交差点に石垣跡が残っている。多摩川の玉石を数万個使っての壮大な石垣で囲まれた料亭、玉翠園が有った場所。

六郷用水に水を引き入れる為、多摩川対岸まで蛇籠による大規模な堰が作られ、水を堰き止められた上流は湖の様な瀞になったという。
当時多摩川の水は澄み切っていて川底の石が良く見えたそうだ。その多摩川と富士山の遠望、脇を流れる根川の景観、多摩川に浮かべる屋形船と鮎など多摩川の川魚を提供する料亭がこの場所に建てられ、当時草深い田舎だったであろうこの地に、明治の新政府の要人や軍人たちが東京から訪れ、大いに賑わったそうだ。
その玉翠園も、昭和10年代、堤防改修工事に伴う船溜まりの消滅、戦争の激化などにより廃業の止む無きに至り、現在は小さな空き地にその痕跡と碑を残すのみ。
 

negawa-6.jpg

negawa-5.jpg

 

水神社

水神前交差点の名前の由来となったであろう神社が、交差点の直ぐ下流側に立っている。大きな神社ではない。

negawa-4.jpg

 

神社境内にある「水神社由緒」

rokugoyosui-4-3.jpg

 

道路脇の「六郷用水取り入れ口」の碑

negawa-3.jpg

 

多摩川土手に上がって(上流方向を望む)

上流から流れてきた多摩川が、ここで土手にぶつかり緩やかに右にカーブする。その水の流れを利用する形でここに堰を設け、六郷用水取水口としたのだろう。しかし今その痕跡は全くない。
写真右側を降りると「水神前交差点」。
写真中央部右寄り、道の脇に六郷配水樋管。

negawa-2.jpg

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/403

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

A la carte