水道道路砂川線(富士見緑道)

 

又も発見、武蔵野台地を貫く直線道路

地図(Google map)を見ていて偶然に見つけた、不自然に真っ直ぐな細い道路。こう言う直線道路は先ず水道道路だと思って間違いない。しかも何度も通っている野火止用水の直ぐ脇から始まっているのに今迄気が付かないでいた。
ネットで検索してみたら、なんと、小平監視所で汲み上げた玉川上水の最後の水を、東村山浄水場に送る導水管が埋まっているのだそうだ。

水道道路砂川線(小平監視所から東村山浄水場まで)

玉川上水と野火止用水は、おいらが最初に武蔵野の水辺に興味を持ち始めた切っ掛けでも有り、その後も何度通ったか分からない、いわばライフワーク的な存在。

江戸時代に掘削された玉川上水は、現在も東京の水道水を賄う現役の大動脈(東京の水道水源、78%が利根川・荒川水系、19%が多摩川水系)。
羽村堰で多摩川から取水した後、現在は500メートル余り下流の第三水門で大半の水が汲み上げられ、村山・山口貯水池に送られる(その導水管ルートが羽村山口軽便鉄道跡)。
その後幾つかの分水路に今でも水を供給しながら最後、小平監視所で全量を汲み上げられて東村山浄水場に送られる。このことは今まで漠然と承知していた。しかしその導水管がどこを通っているか、等、殆ど関心を持たないままで来た。

その導水管ルートを偶然地図上に発見、しかも上流側で野火止用水とルートを共有し、野火止用水緑地で別れた後、典型的な水道道路としての直線を保ちながらほぼ2キロ(小平監視所からは約4キロ)、武蔵野台地を貫いている。
この水道道路は「砂川線」、「水道緑地」、「富士見緑道」などと呼ばれているようだが、兎も角これは行ってみる他は無い。

 

撮影Map

(クリックするとGooglemapと連動して表示されます)

180502-photomap.jpg

 

撮影Album

本文では主要な写真だけを掲載しています。全部の写真はこちら

 

小平監視所

羽村堰で取水された多摩川の原水の、いわば終焉。
ここから下流側の玉川上水及び野火止用水に流されている水は、多摩川上流再生水センターからの高度処理再生水。

Y18_2678.JPG

Y18_2679.JPG

 

多摩川原水全量汲み上げ

小平監視所左側に掲示されている手書きの案内板。
ここに見られるように、多摩川の原水はここで全量汲み上げられて二つの系統に分けられる。一つはここで取り上げる東村山浄水場への「砂川線(2300ミリ径)」。もう一つは小川・新堀用水に供給する「小平分水」。

都民の水道となる東村山浄水場への砂川線は多摩川原水が当然のこととして、ここから下流側の玉川上水や野火止用水は処理再生水が流されているのに、何故小川・新堀用水に多摩川の原水が使われているかと言うと、小川・新堀用水は現役の灌漑用水である為に、高度再生処理がされているとは言え、下水を流す訳には行かなかった。

Y18_2681.JPG

 

野火止用水緑道

小平監視所の直ぐ下流側、野火止緑道が始まる。
玉川上水最大の分水路である野火止用水が通っていたところで、現在は上記したように高度処理再生水が暗渠として流れている。
今回の砂川線も野火止緑地まではこの野火止用水緑道と同じコースを並行して通っていることを知った。

野火止緑地までのコースは、従って野火止用水とコースを共有している訳で、ここで詳細は掲載しません。「野火止用水」ページを参照して下さい。

Y18_2682.JPG

 

野火止用水、砂川線暗渠道

Y18_2683.JPG

 

通路脇の植栽の中に、「水道」銘が刻まれた蓋のマンホールが有った。今の野火止用水は処理再生水が流されている訳で「水道」とは言えない。
この通路脇の植栽の下に砂川線、2300ミリの導水管が伏せられているのだろう。

Y18_2686.JPG

 

東大和市駅と青梅街道

Y18_2692.JPG

 

駅前に見る「水道」マンホール

Y18_2695.JPG

 

野火止用水「せせらぎ」

青梅街道を超えて約300メートル、せせらぎ復活事業による流れが顔を見せる。この水も高度処理再生水。

結局このコースは、多摩川原水の「砂川線」、再生水使用の暗渠「野火止用水」、それとこの開渠の「せせらぎ」と、3系統の水が並行して流れていることになる。

Y18_2697.JPG

 

野火止緑地-野火止用水、砂川線分岐地点

並行して流れて来た「砂川線」は、この先も暗渠のままほぼ直進する。
暗渠として流れて来た「野火止用水」はこの先、開渠として姿を現し、右に方向を変えて武蔵野台地を新座まで流れて行く。「せせらぎ」はここで終了。

Y18_2705.JPG

 

野火止緑地

写真右側で野火止用水は開渠として姿を現し、写真前方に流れて行く。
砂川線は写真左側を直線コースで流れて行く。

Y18_2706.JPG

 

野火止用水開渠

木の枝などで見えにくいが、ここから野火止用水開渠スタート。

Y18_2708.JPG

 

砂川線水道道路スタート

野火止用水と分かれ、ここから約2キロ、水道道路がほぼ直線で通っている。

Y18_2709.JPG

 

用水北緑地

道路(ゆりのき通り)を超えた所で、直進する砂川線とは別に、薬局の左脇からやはり同じような直線道路が始まり、約300メートル続く。名前も「用水北緑地」。
最初これも水道道路なのか?と思い辿ってみたが、それらしきマンホールも見つからなかったし、どうも水路とは直接の関係が無いのかも知れない。一応「撮影Map」及び「撮影Album」には写真を掲載してあるので関心有る向きはご覧ください。

Y18_2710.JPG

 

用水北緑地を眺める

Y18_2711.JPG

 

用水北緑地脇にあった案内図

Y18_2712.JPG

 

砂川線・水道緑地に戻って

右側の石(コンクリート)には「水道緑地」と記されている。この先暫く行くと「水道第二緑地」となる。

Y18_2720.JPG

Y18_2722.JPG

Y18_2724.JPG

 

直線道路が続く

Y18_2725.JPG

Y18_2726.JPG

 

この砂川線・水道緑地は送電線とも並行しているようだ。

Y18_2727.JPG

 

何本かの道路を斜めに横切りながら

地図には「やまもも通り」とあった

Y18_2730.JPG

Y18_2731.JPG

 

狭山茶

狭山丘陵にも近く、茶の収穫が行われていた。

Y18_2732.JPG

Y18_2733.JPG

 

緑地は続く

Y18_2734.JPG

 

東大和市役所きよはら児童館

道路にぶつかり公共施設を僅かに迂回する。砂川線で唯一直線が保たれない場所かも。

Y18_2735.JPG

一見緑道の続きかと思わせるが、実際の砂川線はこの少し左側から再開する。

Y18_2736.JPG

 

砂川線・水道緑地再開

この先も直線が続く。この辺「水道第二緑地」と呼ばれているようだ。

Y18_2738.JPG

Y18_2739.JPG

 

緑地脇に、おそらく砂川線・砂川線導水管にアクセスするマンホールと思われるものが、フェンスに囲われていた。

Y18_2740.JPG

Y18_2741.JPG

Y18_2742.JPG

 

グリーンの中央分離帯があった。

Y18_2743.JPG

Y18_2744.JPG

Y18_2745.JPG

Y18_2747.JPG

 

親青梅街道

ここで水道道路・緑地としての姿は終わりとなり、砂川線の導水管がどこを通っているか不明となる。
この直ぐ先、狭山丘陵に端を発する「空堀川」が、写真左から右に流れている。

Y18_2749.JPG

 

空堀川

空堀川右岸に遊歩道的スペースが続いているが、若しかしてこの下に導水管が伏せられているのかもしてない。
ゴールの「東村山浄水場」は空堀川対岸、約500メートル下流(写真右)。

Y18_2750.JPG

如何にも導水管が伏せられていそうなスペースではあるが。

Y18_2754.JPG

 

東村山浄水場遠望

この狭山堀橋を渡って対岸に出る。空堀川を超える導水管がどこにあるかは分からなかった。川の底をくぐって超えているのか?

Y18_2758.JPG

 

浄水場脇

広大な敷地の東村山浄水場脇を歩く。

Y18_2762.JPG

 

フェンス越しの東村山浄水場

Y18_2761.JPG

 

浄水場正面

取り敢えずここでゴール。

Y18_2763.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/582

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

「舞台は武蔵野」 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁

母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

千川上水

水道道路ー都会を貫く直線道路

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

丸子川支流-谷戸川

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

杉並地内「暗渠の迷宮」を辿る

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他