羽村山口軽便鉄道跡-2(米軍横田基地から狭山丘陵)

 

住宅街から、トンネルをくぐって狭山丘陵へ

前回(>羽村から米軍横田基地)に続いて、今度は横田基地の東側から辿ってゆくこととする。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

keibentetudo2-tikeizu.jpg

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>keibentetudo2-photomap.jpg

 

    

 

横田基地東側からのスタート地点

羽村山口軽便鉄道跡(現在「野山北公園自転車線」となっている)は、米軍横田基地に隣接するIHI(石川島播磨重工業)瑞穂工場の脇から始まる。
写真の後ろがIHIの脇を通るバス通りになっていて、最寄りのバス停は立川バス「春名塚」。

_MG_6250.JPG

 

IHI側

横田基地の敷地を通って来た導水管がこの下を通っている。この部分はIHIでなく東京都水道局の用地だそうだが、フェンスが有って立ち入りは出来ない。しかしそれらしい様相は伺える。

_MG_6248.JPG

 

住宅街を貫いて真っ直ぐに始まる

_MG_6251.JPG

 

この辺から両側が桜並木となる

_MG_6252.JPG

_MG_6254.JPG

_MG_6256.JPG

結構年季の入った桜の樹。何時頃植えたのだろう?

_MG_6258.JPG

_MG_6259.JPG

 

導水管敷地?

遊歩道(自転車道)の脇が草地になっている。おそらく導水管はこの下を通っているのではないか。

_MG_6261.JPG

 

残堀川

残堀川を渡る。残堀川は>こちら

_MG_6262.JPG

土手から橋の下を見てみたが導水管らしきものは見えなかった。導水管は残堀川の下を通しているのだろう。

_MG_6263.JPG

 

残堀川上流方向

_MG_6264.JPG

 

採石場跡

残堀川を渡った右側が林になっている。林の中にコンクリートの構造物が有った。かってここに採石場が有ったのだと言う。

_MG_6267.JPG

_MG_6269.JPG

_MG_6271.JPG

 

狭山丘陵から流れ出してくる水路

_MG_6274.JPG

 

遊歩道(自転車道)と桜並木が続く

_MG_6276.JPG

 

_MG_6279.JPG

 

新青梅街道を渡る

_MG_6280.JPG

 

中々風格のある桜並木だ

_MG_6281.JPG

_MG_6282.JPG

 

※ 線路と川

鉄道の線路と川の流れは一部共通点がある。極端な凸凹が無いということ。
水は凹から凸には登れないから、川筋も滝などを除き、勾配は有っても凸凹はあまりない。鉄道も同じく極端な凸凹を作らないよう、凸部分はトンネルや切り通しにし、凹部分は埋め立てたり高架でつなぐ。

今回の羽村山口軽便鉄道も、真っ直ぐなうえに高低差もなく歩きやすいし歩いていて気持ちのいいコースが続く。ただ写真は同じような風景が続き、やや単調に感じられるかも。

_MG_6283.JPG

_MG_6284.JPG

 

狭山丘陵が近づいてきた

写真手前は狭山茶畑。

_MG_6285.JPG

_MG_6286.JPG

 

狭山丘陵からの水路がここにも

_MG_6287.JPG

 

左にカーブ

ここまで直線で来た遊歩道(自転車道)が、この先はゆるく左にカーブする。

_MG_6288.JPG

_MG_6291.JPG

 

道端の案内図

_MG_6292.JPG

 

    

 

横田トンネル

狭山丘陵にぶつかり、ここから幾つかのトンネルをくぐる。手前の道路は都道55号線。
「横田トンネル」は通称で、正式には(多分)「1号隧道」。

_MG_6293.JPG

夜はシャッターが下りる。

_MG_6295.JPG

 

トンネル内部

照明も完備し良好な状態で管理されている。長さは170メートル程か。

_MG_6296.JPG

 

赤堀トンネル(2号隧道)

横田トンネルを抜けると直ぐに次のトンネルに入る。

_MG_6297.JPG

_MG_6298.JPG

 

トンネルシャッター開閉時間

おそらく各トンネル共通なのだろう。毎日朝晩人の手で開閉は出来ないと思うが、自動的に開け閉めされているのだろうか?

_MG_6299.JPG

 

御岳トンネル(3号隧道)

_MG_6301.JPG

_MG_6302.JPG

 

御岳トンネルを抜けるとスッカリ狭山丘陵の風景

_MG_6303.JPG

 

紅葉時は見事だろうな。

_MG_6304.JPG

 

番太池

小公園風になっていて、脇に番太池。

_MG_6306.JPG

 

赤坂トンネル

おそらくここが最後の集落。ここも東京だ。

_MG_6308.JPG

 

この先に集落が無いこともあってか、照明も間引きされていて、今までのトンネルと比べても暗い。

_MG_6310.JPG

_MG_6311.JPG

 

二股に分かれる

廃線を辿るコースは左側の道に入るのだが、案内板もない。最初右に行ってしまった。
小さな案内板でも立てておいてくれればいいのだが。

_MG_6314.JPG

_MG_6316.JPG

 

5号隧道

ここは柵で固く閉ざされ、トンネルの名前表示もない。
入口手前も土が湿っていて靴が沈む。トンネルの中もおそらく水たまりになっているのだろう。

_MG_6318.JPG

 

出口が見える。そんなに長いトンネルではない。
このトンネルが通れれば貯水池まで直ぐなんだが、ここで阻まれて大きく迂回することになる。

少し経費をかけてここが通行可能になれば、羽村から貯水池まで道が通り、遊歩道(自転車道)全体の使い勝手も大いに上がるし便利になるのに。管轄が水道局だからあまり交通の便だとか観光に力が入らないのかな。

_MG_6320.JPG

 

う回路

トンネルの手前右側に、迂回しての山越え道らしき踏み分け道が2本有った。

_MG_6321.JPG

上の写真左側(奥)の道は、下の写真のように藪で直ぐ行きどまり状態になる。

_MG_6322.JPG

 

右側の踏み分け道

右側(手前)の道は何とか通ることが出来た。写真では平坦そうに見えるが結構急な登り勾配。

_MG_6323.JPG

 

写真左側から登って来て、少し太い道に出る。後ろ側は集落に通じている。
進行方向は前方。

_MG_6325.JPG

 

人口の構造物が。

_MG_6327.JPG

 

谷津仙元神社

広場が有って、小さな神社が有った。
神社の右側を通っている道を進む。

_MG_6328.JPG

_MG_6329.JPG

 

多摩湖自転車道

前方一般道に出る。この道は自転車道と車道が並んでいる。
5号隧道はおそらくこの下をくぐり、写真前方に抜けていると思われるのだが、厳重なフェンスで閉ざされ入ることは出来ない。フェンスの外側は東京都水道局の管理地区のようだ。

事前調査の不備もあって、実はここで方向を間違える
隧道の先に出るにはここで左に曲がり都道55号線に出なければならなかったようだ。…が、右に回ってしまった。

だから、ここから先は単なる帰り道。

_MG_6330.JPG

 

立ち入り禁止フェンス

_MG_6331.JPG

 

東側-多摩湖の南脇を通る方向

写真左側が自転車道、右側が一般車道。左側には水道局のフェンスが続く。

_MG_6332.JPG

 

ところどころに水道局の緊急車両出入り口が有って、覗くと何とか道が付いている。ここを抜けさえすれば5号隧道の先に出られると思うのだが、突破は無理っぽい。

_MG_6336.JPG

_MG_6344.JPG

 

多摩湖

村山上ダムの堰堤道路を渡る。

_MG_6349.JPG

_MG_6351.JPG

 

西武ドーム

ここから西武線に乗って帰路に着く。取りあえず今回はここまで。

_MG_6354.JPG

 

今度事前調査を充分に、紅葉の時期に多摩湖・狭山湖側から探索してみようと思う。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/417

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte