多摩川を辿る-2(六郷土手から沼部)

2014/3/21

 

いよいよ春本番になりつつある多摩川

寒さが続いていたが気配だけは春らしくなってきた。”天気晴朗なれども風強し”のこの日、多摩川2回目のコースを歩いて見た。花粉症対策の目薬と点鼻薬を差しながら。
マッ、ハッキリ言って川と土手と河川敷の、特に変化の無い風景が続く。

 

 

前回の続き、止め天神から

前回(3月9日)は梅の花が満開だった止め天神

2925.jpg

    

 

 

第一京浜に掛る橋(東京側)から、上流方向

広い河川敷緑地が広がっている。見えている鉄橋は、手前京急本線。その奥にJR東海道本線。

2931.jpg

 

同じく川崎側から上流方向

2932.jpg

 

下流、羽田空港方向

2935.jpg

 

京急本線(左)と東海道本線(右)

1091.jpg

 

対岸、川崎方向

富士山が見える。クレーンがやや無粋。

1095.jpg

 

東京側に沿って、上流(右)から流れてきた川筋が、湾曲に沿って川崎側に流れを変える。
対岸の河川敷は、ゴルフ場や競馬練習場。

1103.jpg

 

第二京浜に掛る多摩川大橋が見えて来た

2939.jpg

2940.jpg

 

カモメかウミネコか

こう言う鳥の種類等に疎いおいら。

2942.jpg

 

橋の下を河川敷でくぐる

この黒いゴム状のものは何だろう? 何かのセンサーでも有るんだろうか?

2943.jpg

 

第二京浜を超えて

地上を歩いている分には自分が真っ直ぐに進んでいるように思っているのだが、実際は川が大きく弧を描いているので、富士山が思わぬ目の先に見える。

2945.jpg

 

矢口ポンプ所排水口

多摩川河口から9Kの案内が建っている。
上流に行くに従い、頻繁に下水処理施設が現れる

2946.jpg

2947.jpg

2948.jpg

 

前方、ガス橋

2950.jpg

 

2952.jpg

 

小さな春

1107.jpg

1106.jpg

 

川岸に建つマンション

この辺のマンション・アパートは川に対し斜めに建っているものが目に付く。
川に並行して建つと、川に面した部屋は眺望がいいが側面の部屋は悪い。45度に建っていると、少なくとも2方向の部屋が多摩川に面して眺望が利くことになる。

2954.jpg

 

横須賀線、東海道新幹線鉄橋

右側はゴルフ練習場。玉受け用と思われるネットが張り出していた。

2960.jpg

 

 

右、国土交通省京浜河川事務所 田園調布出張所

2966.jpg

 

 

沼部排水樋管

2967.jpg

右手前、沼部排水樋管の排水口
前方、横須賀線と東海道新幹線。その上流、中原街道に掛る丸子橋。更に上流、隠れて東急東横線

2963.jpg

 

 

下流方向

2965.jpg

 

ここから最寄りの沼部駅に向かう

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/428

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

水道道路ー都会を貫く直線道路

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他