六郷用水-5(六郷用水復元水路から南北引き分け)

 

六郷用水復元水路

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

rokugouyousui_hukugensuiro.jpg

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>160409-hukugensuiro-photomap.jpg

 

    

 

六郷用水復元水路

丸子橋橋詰、中原街道の脇から復元水路がスタートする。東京都の「手作り郷土賞」も獲得していて、なかなか趣ある。
右側は直ぐ多摩川の土手。左側は国分寺崖線。

160409rokugoyosui-1.jpg

160409rokugoyosui-2.jpg

160409rokugoyosui-3.jpg

 

今回は少し水が濁っていた。

160409rokugoyosui-4.jpg

 

ところどころに、国分寺崖線からの「ハケの水」が湧き出す場所がある。

160409rokugoyosui-5.jpg

 

散り始めてはいたが、桜の花と相まって気持ちのいい散歩道。

160409rokugoyosui-6.jpg

 

東光院とジャバラ

写真左の土塀は東光院。その脇にチョットした休憩所風な場所。流れにはかって水揚げに使われていたジャバラと呼ばれる水車の模型。

160409rokugoyosui-7.jpg

160409rokugoyosui-8.jpg

160409rokugoyosui-9.jpg

 

東光院正面

160409rokugoyosui-10.jpg

 

小規模になりながらも、水路は続く

160409rokugoyosui-11.jpg

 

湧水の井戸?

道路脇に四角な桝状の柵があり、中にきれいな水が満ちていた。おそらくわき水の井戸なのだろう。

160409rokugoyosui-12.jpg

 

前方、高架は東海道新幹線と横須賀線。
写真中央の石組みの上から、水が湧き出している。

160409rokugoyosui-13.jpg

160409rokugoyosui-14.jpg

 

浅いながらも再度、風情を見せる水路。

160409rokugoyosui-15.jpg

160409rokugoyosui-16.jpg

160409rokugoyosui-17.jpg

 

「この用水は湧水を利用しています」と書いてある。確かに水は澄んでいる。復元水路のスタート地点では水が少し濁っていたので、連続性は無いのだろうか?

160409rokugoyosui-18.jpg

160409rokugoyosui-19.jpg

160409rokugoyosui-20.jpg

160409rokugoyosui-21.jpg

 

    

 

女(おな)堀

ここで復元水路の水の流れは終わる。
この先、シュロ並木に沿って左にカーブしながら、国分寺崖線から細く、腕のように伸びている所を超える(地形図参照)。六郷用水最大の難工事だった「嶺村の切り通し」、通称「女(おな)堀」と呼ばれるところ。
写真でも感じられる通り、ここから台地に向かって昇り勾配になっている。水は1センチでも上には流れないから、ここで台地の硬い岩盤を7.5メートルも掘り下げて水路を通したという。

女堀の名の由来は、この難工事で気が荒くなっている男どもの気分を和らげたとか、男性ばかり動員すると農作業に支障をきたすので女性も動員したとか、諸説あるらしいが、このことによって作業は多いに進んだそうだ。なお、この嶺村の切り通しだけでなく、六郷用水全体を「女堀」と呼ぶこともあるようだ。

160409rokugoyosui-22.jpg

 

現在は埋め立てられているが、この下に六郷用水が通っていた訳だ。
現在も暗渠で通っているのだろうか?

左側は観蔵院。

160409rokugoyosui-23.jpg

 

坂の一番上にある案内板

観蔵院の脇にチョットした休憩場所みたいなところが有り、そこに案内板が立っている。

160409rokugoyosui-25.jpg

160409rokugoyosui-26.jpg

 

観蔵院

160409rokugoyosui-27.jpg

 

 

腕状に伸びた台地のピークを過ぎ、道は下り坂となる。

160409rokugoyosui-24.jpg

 

谷の部分に出る

160409rokugoyosui-28.jpg

 

環状八号線を超える

前方環八。正面「タイヤマン」の少し下手から水路跡は続く。

160409rokugoyosui-29.jpg

160409rokugoyosui-30.jpg

 

各種案内

ハッキリした水路跡(緑道など)が無い場所でも、ところどころに案内の標識などが有り、跡を辿れる。

160409rokugoyosui-31.jpg

160409rokugoyosui-32.jpg

160409rokugoyosui-33.jpg

160409rokugoyosui-34.jpg

160409rokugoyosui-35.jpg

160409rokugoyosui-36.jpg

 

再び国分寺崖線に沿って

160409rokugoyosui-37.jpg

160409rokugoyosui-38.jpg

 

ハケの森

160409rokugoyosui-39.jpg

 

南北引き分け

六郷用水は、千鳥町地内で「北堀」「南堀」の二つに分かれる。ここがその南北引き分け。
写真中央から右に南堀方向。左に北堀方向

160409rokugoyosui-43.jpg

160409rokugoyosui-42.jpg

 

北堀方向

今回は最初に北堀に沿って歩くこととする。

160409rokugoyosui-41.jpg

160409rokugoyosui-45.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/410

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他