六郷用水-1(多摩川取水から次大夫堀公園)

 

六郷用水(多摩川取水から次大夫堀公園)、多摩川取水から次大夫堀公園

 

六郷用水基礎データ

  • 工事時期と担当者
    1597(慶長2)年、徳川家康の命で、小泉次大夫の指揮により工事開始、多摩川対岸(現在の神奈川県川崎市)の二ヶ領用水と並行して開削が進められ1611(慶長16)完成とある。江戸幕府が最初に手掛けた用水堀で約15年の工事期間。
    ※ 玉川上水の掘削・完成が1653年だから、それと比較しても約半世紀前の工事と言うことになる。

  • 六郷用水の規模
    多摩川取水口から六郷領まで全長25Kmとも30Kmとも言う。六郷領に入って網の目のように支流・内堀が張り巡らされ、どこまでを含めるかによって数字は異なる。二ヶ領用水の全長は約32Kmとある。
    開削当時の堀幅が、本流で3.6m、南堀2.4m、北堀2.1mで、後に本流93センチ、南堀本流87センチ、北堀本流57センチ、それぞれ拡幅したとある(「>大田区の散歩道8 六郷用水」から参照させて貰いました)。
    ※ 玉川上水の全長(分水路を含まず)が43Km。これを1年足らずで開通したそうだ(記録によっては1年余りとの説もある)。六郷用水も勿論難工事では有ったにしても、改めて玉川上水の工事期間には舌を巻く。

  • 六郷用水の名称
    多摩川下流域の六郷領の灌漑が主な目的だった為の「六郷用水」。
    小泉次大夫の名前をとっての「次大夫堀」。
    特に世田谷区では次大夫堀公園の名が示す通り、次大夫堀と呼ぶのが普通の様だ。それは「六郷領」が今の大田区の地名であり、六郷用水より、次大夫堀の方が世田谷区民としては親しみやすかったのだろう。
    現在、一部の区間が「丸子川」として、親水エリアになっている。

 

関連ページ

六郷用水は、>根川>旧野川等と密接に関連している。
これらのページも一緒に参照して下さい。

 

地形図と流路

クリック、拡大表示でご覧ください。
六郷用水は、野川と入間川、仙川などと密接に関係している。一括表示しておきます。

old_nogawa-rokugoyosui.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>160312oldnogawa-rokugoyosui.jpg

 

    

 

多摩川からの取水口

六郷用水の取水口は現在の狛江市元和泉、都道114の水神前交差点付近だったらしい、…が、多摩川の改修工事などにより現在その痕跡は全く見当たらない。

取水口現場?

多摩川が土手にぶつかりながら大きく右に蛇行してゆく。この地形を利用して写真のこの辺に取水口が設けられていたらしい。
対岸まで竹で編んだ蛇籠を積んで大規模な堰を築き水位を上げていた。堰の上流は湖の様な瀞になっていたそうで、その水が静かに六郷用水に流れ込んでいたと言う。
今その痕跡はない。

写真中央右寄りに「六郷配水樋管」。その右側を降りたところが都道114の水神前交差点。
取水口の痕跡は無いが、それを伝えるいくつかの碑が置いてある。

rokugoyosui-02.jpg

 

都道114の脇に立っている、「六郷用水取り入れ口」の碑

rokugoyosui-4.jpg

 

水神前交差点

 

rokugoyosui-3.jpg

 

水神社

水神前交差点の名前の由来神社だろう。
大きな神社ではないが、敷地にある「水神社由緒」によれば、元々は多摩川の洪水に端を発した神社だったようだが、六郷用水(次大夫堀)完成後はその偉業をたたえ、用水守護を祈念するようになったらしい。

rokugoyosui-4-2.jpg

 

rokugoyosui-2.jpg

 

不思議?な空堀

多摩川に並行する都道114に沿って、水神前交差点から上流側に結構立派な堀が500メートル程開渠として伸びている。
位置的にはこのまま六郷用水に繋がるコースになっているが、取水口より上流に続くこの堀が六郷用水だとは考えにくい。

これは全くおいらの独断的推論なのだがこの堀の左側(北側)、今は多摩川住宅としてアパート群になっている場所が、かって>「千町耕地」と呼ばれた田んぼが広がっていたそうだ。
この地は大きく湾曲しながら多摩川に落ち込む立川崖線に囲まれた内側で、根川を中心としたハケ下の湧水を利用しての水田が広がっていた。

写真に見られるこの堀跡は、若しかしたらこの千町耕地の田んぼの排水路だったんじゃないか?位置的にそう考えて不思議じゃない。
排水とはいえ、その水を多摩川にただ捨てるに忍びなく、若しかしたらそのまま六郷用水に助水していたのかも知れない。
歴史的経過は全く分からないが………。

rokugoyosui-1.jpg

rokugoyosui-1-2.jpg

rokugoyosui-1-3.jpg

 

根川と六郷用水、玉翠園

上記空堀(下の写真左側)と>根川(写真右側)が合流、>六郷配水樋管を通って多摩川に排水される。この合流地点に玉翠園と言う料亭が有った。今その石垣の片りんと案内板がこの場所にある。

rokugoyosui-1-4.jpg

 

玉翠園

根川合流地点の脇、都道114と根川が交差する水神前交差点に石垣跡が残っている。多摩川の玉石を数万個使っての壮大な石垣で囲まれた料亭、玉翠園が有った場所。
当時多摩川の水は澄み切っていて川底の石が良く見えたそうだ。その多摩川と富士山の遠望、脇を流れる根川の清流。
六郷用水取水の為、蛇籠の堰で堰き止められた多摩川に屋台船を浮かべ(下の案内板参照)、鮎など多摩川の川魚を提供する料亭がこの場所に建てられ、当時草深い田舎だったであろうこの地に、明治の新政府の要人や軍人たちが東京から訪れ、大いに賑わったそうだ。
その玉翠園も、昭和10年代、堤防改修工事に伴う船溜まりの消滅、戦争の激化などにより廃業の止む無きに至り、現在は小さな空き地にその痕跡と碑を残すのみ。

六郷用水と根川

玉翠園の脇を流れる根川を六郷用水に合流させず、六郷用水を掛樋で交差していた時期が有ったそうだ。河原の田んぼに給水する為だとのこと。

negawa-6.jpg

negawa-5.jpg

    

 

六郷用水(跡)を辿る

用水としての痕跡は全く感じられないが、かっての六郷用水の流路だった都道114を辿る。
歩道が分不相応に広いのは、若しかしたらこの下に用水の暗渠が通っているのだろうか? 普通暗渠の上に自動車道は通さない。

rokugoyosui-8.jpg

 

こちらは狛江駅に向かう右側の歩道。
やはり不相応に広い、と感じるのはおいらだけか。

rokugoyosui-9.jpg

 

歩道脇の植栽

rokugoyosui-10.jpg

 

むいから民家園

都道114脇にある古民家園。規模は大きくないが。

rokugoyosui-11.jpg

rokugoyosui-12.jpg

 

田中橋

六郷用水の痕跡は地面上には見当たらないが、交差点の地名にその痕跡を残す。

rokugoyosui-7.jpg

rokugoyosui-14.jpg

 

泉龍寺

ここで都道114から右に別れる。
写真右側は泉龍寺。広い境内にうっそうとした林と弁財天池などが点在、狛江市史跡となっている。
又、弁財天池に端を発しての流れが有って、旧野川や六郷用水とも絡んでいたらしい。

rokugoyosui-15.jpg

 

小田急線狛江駅前

道路と六郷用水は狛江駅の前を左側に続く。

rokugoyosui-21.jpg

 

駄倉橋碑

狛江駅近くの道路脇に有る。

rokugoyosui-22.jpg

 

旧野川合流

ここで、>昔の野川が左側から入ってきて合流、そのまま六郷用水として前方、小田急線をくぐって進む。
六郷用水の開通とともに、この場所で旧野川の下流は六郷用水に取り込まれることとなった。

rokugoyosui-23.jpg

 

下流側からの合流地点

旧野川が写真右奥から流れ込み、左側中央奥からの六郷用水に、ケヤキの辺りで合流。

nogawaryokudoui-126.jpg

 

右にカーブしながら小田急線をくぐり、六郷用水は続く。但し流れの痕跡は見当たらない。

nogawaryokudoui-127.jpg

 

新一の橋

世田谷通りに入る。信号は「新一の橋」。ここを左に曲がり、世田谷通りを行く。

rokugoyosui-26.jpg

 

一の橋

同じく交差点信号の地名に残す痕跡。

rokugoyosui-27.jpg

 

二の橋

ここで旧野川が右に分流、宇奈根まで流れていたらしい。

rokugoyosui-28.jpg

 

滝下橋緑道

世田谷通りから右側に入る「滝下橋緑道」
ここからようやく六郷用水の跡が顕著に見られる。

rokugoyosui-29.jpg

rokugoyosui-30.jpg

 

やはり「水路跡」はこうでなくっちゃ。

rokugoyosui-31.jpg

rokugoyosui-32.jpg

rokugoyosui-33.jpg

 

芝生広場と案内板

rokugoyosui-34.jpg

rokugoyosui-35.jpg

 

野川と入間川

野川にぶつかる。こちらは現在の野川。
六郷用水が現役だった頃、目の前の野川は無く入間川が流れていた。六郷用水はその入間川を合流して右側(南側)に流れてゆく。

つまりここで入間川も旧野川と同じく、下流部分を六郷用水に取り込まれることとなる。

rokugoyosui-36.jpg

 

野川対岸から見た六郷用水排水口

六郷用水としての、おそらく最後の水路跡?

かっての入間川、現在野川となっているが、この日は氾濫防止の工事中だった。その土手に開いた六郷用水排出口。
おそらく六郷用水の、元々の水路としての痕跡はここが最後だと思われる。ここから先、六郷用水跡に現れる水路(次大夫堀公園、丸子川、大田区の復元水路など)は全て、かっての六郷用水の水を引き継いでいない。

rokugoyosui-37.jpg

 

次大夫堀公園

現在の野川に沿って500メートル程下流。野川の右側に広がる「次大夫堀公園」。
六郷用水の流路を復元する形で整備された公園。広大、とまでは言えないが古民家園などが併設され、なかなか味わい深い。

ここに復元されている水路は、野川の水をポンプアップしてのもの。

rokugoyosui-38.jpg

 

入口部分

工事中だった。

rokugoyosui-39.jpg

 

道路を挟んで本格的な公園施設。

rokugoyosui-41.jpg

 

かっての六郷用水(次大夫堀)ほどの規模ではないのだろうが、おそらく水路の跡を比較的忠実に再現しているのではないか。なお流れる水はポンプアップによるもの。

rokugoyosui-42.jpg

rokugoyosui-43.jpg

 

古民家園

直接六郷用水(次大夫堀)と関係する訳ではないだろうが、水路脇に併設されている古民家園。一旦流路から離れてここに入ってみる。
幾棟かの民家が移築されて建っている。

rokugoyosui-44.jpg

rokugoyosui-45.jpg

rokugoyosui-46.jpg

 

現在活用中の古民家

この古民家園の特徴だと思うが、単に展示・見学に供するだけでなく、常に何らかのイベントに使われているようだ。
今回、この屋敷の中では尺八の演奏がされていた。前回来た時にはソバの手打ち実演会のようなものが開かれていた。

rokugoyosui-47.jpg

rokugoyosui-48.jpg

 

建物の中にも自由に出入りできる。

rokugoyosui-49.jpg

 

囲炉裏で火を焚いていた。うちわで扇いでいたがなかなかうまくゆかない様子。「火吹き竹が有ればいいですね」と声を掛けてみたが、今、火吹き竹なんてのは知らないんだろうな。
茅葺の屋根は中で火を焚き、煙でいぶすことで湿気を伏ぎ害虫を予防し、長持ちさせる。すす払いが大変ではあるが。

rokugoyosui-50.jpg

rokugoyosui-51.jpg

 

こちらは鍛冶屋同好会。

rokugoyosui-52.jpg

 

水路に戻って

次大夫堀公園が続く。

rokugoyosui-53.jpg

rokugoyosui-54.jpg

rokugoyosui-55.jpg

 

都道428を、陸上とトンネルで超える。

rokugoyosui-57.jpg

 

都道428脇の案内板

rokugoyosui-56.jpg

 

都道を超えて

rokugoyosui-58.jpg

 

野川合流

前方、野川にぶつかる。
用水の左脇に芝生広場が広がる。

rokugoyosui-59.jpg

rokugoyosui-60.jpg

 

野川対岸から

ここで野川に排水される。
六郷用水現役時代、目の前の川の流れは、おそらく………無かった。

rokugoyosui-61.jpg

 

六郷用水(跡)はここで野川を超えて、仙川脇で丸子川として姿を現す。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/405

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他