落合川

 

落合川

東久留米の落合川に行ってきた。東京で唯一「平成の名水百選」に選ばれていて、都内屈指の清流だと言うことでの散策。
荒川と多摩川に挟まれた武蔵野台地に流れる川は、全て源は湧き水。この落合川も写真のような「これが東京か?」と思わせるような源流部を持つ。流石に下流は"澄み切った"とは言い難かったが、湧水を集めてこれだけの水量で流れているのは立派。

黒目川の支流

落合川は黒目川と合流して荒川に注ぐ。黒目川も清流で有名。今回黒目川は辿らなかったが、機会があれば歩いてみたい。

otiaigawa-4.jpg

 

一応上流の源流部から写真を並べました。ただ予備知識もないままだったので、順不同のところも有ります。位置関係も適当です。

 

 

    

 

南沢緑地(源流部)の近く、氷川神社

otiaigawa-0.5.jpg

 

南沢緑地

幾つかある湧水源流地で一番有名なところ(らしい)。
湧水は地層の末端など崖になっている所に多い。ここも例外ではなく、この右奥は崖状になっている。

otiaigawa-1.jpg

 

崖上に東京都水道局の取水場

otiaigawa-8.jpg

 

南沢緑地の水源

otiaigawa-2.jpg

otiaigawa-3.jpg

otiaigawa-5.jpg

otiaigawa-6.jpg

    

 

毘沙門橋

otiaigawa-7.5.jpg

otiaigawa-0.jpg

otiaigawa-9.jpg

otiaigawa-10.jpg

 

支流が幾つかあるということは、それぞれ源流部を持つと言うことだろう。

otiaigawa-11.jpg

otiaigawa-12.jpg

otiaigawa-13.jpg

otiaigawa-14.jpg

otiaigawa-15.jpg

otiaigawa-16.jpg

otiaigawa-17.jpg

 

川底から湧き水

水の反射で分かりづらいですが、水が湧いています。

otiaigawa-18.jpg

otiaigawa-19.jpg

 

橋の下にコイの群れ

人間の投げるえさ目当てか?
それにしても「清流」にコイは相応しくない。

otiaigawa-20.jpg

 

黒目川との合流部

向かって左側が落合川、右が黒目川。黒目川の脇で工事中。

otiaigawa-21.jpg

 

黒目川を遡る

黒目川も清流。ただコンクリートで護岸されている。

otiaigawa-22.jpg

otiaigawa-23.jpg

 

昭和橋

otiaigawa-24.jpg

 

神山大橋

ここから左折して、東久留米駅に向かう

otiaigawa-25.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/162

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

武蔵野から離れて

上高地

木曽路

その他