仙川-3(野川宿橋から甲州街道)

 

仙川、野川宿橋から甲州街道仙川橋まで

仙川の様相がここで一変する。

人見街道の野川宿橋で、仙川の様相は一変する。
ここまでの上流部は見てきた通り、人工的に付け替えられた、クランクに屈折しながら住宅街を縫って通る細い水路だった。流れる水も通年を通して殆どない。

水のやりくりの仕掛け

ここから下流部は一転、川幅も広がり自然な蛇行と、両岸はコンクリートで護岸されているが川床は石や植物など、自然の姿を見せる。上流部と違い水も流れており、コイやカモなど豊かな生態が見られる。

しかしこの流れの維持には、実はある仕掛けが組み込まれている。

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

地形図-3.gif

 

撮影Map

クリックするととGooglemapと連動して表示されます。

>160626photomap-3.jpg

 

 

    

 

野川宿橋

上流側

細く、水も無く、直角に屈折を繰り返しながらの、完全な人工付け替え水路が、この野川宿橋で終わる。

160626(仙川-103).jpg

 

下流側、水流も復活

川幅も広がり、流れも自然の蛇行となって、水流も見られる。
ただしこの水流は、下流からのポンプアップによる放流。

160626(仙川-104).jpg

 

野川宿橋を下流側堤防から

左側は、上流からの水路。殆ど水の流れはない。
右側に水の供給放出口がある。

160626(仙川-105).jpg

 

仙川、実質上の最上流部

ここで放出されている水によって、ここから下流の流れが賄われている。上流部は現在流れとしての機能はほぼ失われているので、いわばここが仙川の実質上の最上流部とも言える。
しかし実はこの水、ここからの湧水ではなく、ほぼ1.6キロメートル下流、中央自動車道近くの新川天神山青少年広場に設けられた>樋口取水場で汲み上げた地下水をポンプアップしてのもの。だから仙川の「源流」は、1.6キロ下流と言うことになる。

160626(仙川-106).jpg

 

野川宿橋にある案内板

ここにも水の由来が記してある。

160626(仙川-108).jpg

 

下流方向

160626(仙川-107).jpg

 

新川大橋から下流

自然な蛇行を取りながら、国分寺崖線を切り裂く形で下る。

160626(仙川-109).jpg

 

周囲には幾つかの公園が続く

160626(仙川-110).jpg

160626(仙川-111).jpg

 

国分寺崖線を下る仙川

国分寺崖線に沿って、その縁を流れる野川と比べ、仙川は崖線に対し直角に、上位面(武蔵野面)から下位面(立川面)に谷を刻みながら流れ落ちて野川に注いでいる。勾配もやや大きい。このように段差になっている場所も何ヶ所かある。

160626(仙川-112).jpg

 

丸池公園

仙川の名前の由来ともなった場所だと言われている。
かって勝淵神社を含むこの「丸池」周辺は広大な沼地や水田が広がり、川床の至る所に湧水が有って、その様がいくつかの釜(湧水の湧き出し口を釜という)を伏せたように見えたところから、「千釜」と呼ばれていたらしい。その「千釜」が仙川の由来となったとの説がある。

160626(仙川-114).jpg

160626(仙川-113).jpg

 

今も池が有り、水田も公園施設として有るようだ。
かってはもっと豊富な湧水で、水も澄んでいたのだろう。

160626(仙川-115).jpg

160626(仙川-116).jpg

 

源流?

160626(仙川-117).jpg

池に水を供給している「源流」だが、天然の湧水なのだろうか。

160626(仙川-118).jpg

 

勝淵神社

丸池公園脇にある神社。
柴田勝家とその子孫を祀っている神社。

160626(仙川-119).jpg

160626(仙川-120).jpg

 

仙川に戻って

樋口取水場と導水管

やばた三の橋から下流方向。
川底に白いパイプ状のものが見える。これはこの先の樋口取水場で汲み上げた地下水を、野川宿橋に送る導水管の一部。設置場所が無いため川底に通しているのだが、ここより上流では道路に埋設してあるらしい。

 

160626(仙川-121).jpg

 

    

 

樋口取水場

中央自動車の直ぐ上流に樋口取水場が有る。

現在、1日10000トンの湧水のうち3000トンが汲みあげられ、1.6キロ上流の野川宿橋までポンプアップされている。いわばここが仙川の源流。

160626(仙川-123).jpg

 

ポンプの設置場所は小公園となっている。

160626(仙川-124).jpg

160626(仙川-125).jpg

 

この水のやりくりのおかげで、コイが戯れる水質が維持されている。

160626(仙川-122).jpg

 

川床

川床に穴が開いているが、若しかしたら湧水の湧き出し口か?

160626(仙川-126).jpg

 

中央自動車

160626(仙川-127).jpg

160626(仙川-128).jpg

160626(仙川-129).jpg

 

 

東部下水処理場

仙川に隣接する東部下水処理場からの、高度処理再生水が排水(供給)される。これも仙川の水源の一つ。

160626(仙川-130).jpg

160626(仙川-131).jpg

160626(仙川-132).jpg

 

国道20号線(甲州街道)が見えてきた

160626(仙川-133).jpg

 

甲州街道、少し上流の右岸

160626(仙川-134).jpg

 

甲州街道仙川橋からの、上流方向

160626(仙川-136).jpg

 

仙川橋からの下流方向

京王線の電車が見える

160626(仙川-137).jpg

 

 

>NEXT(甲州街道から小田急線まで)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/424

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

A la carte