仙川-1(上流端から桜堤公園)

 

仙川は、小金井市の北西部に端を発し、三鷹市、調布市を経て世田谷区鎌田で野川に注ぐ一級河川で、野川最大の支流。
人見街道の野川宿橋(三鷹市)を境に、上流側と下流側では様相が全く異なる。

野川宿橋までの上流部は、かって畑や藪を縫って流れる小渓谷だったらしい。当然自然に蛇行もしていたであろう。しかし現在その上流部は完全に人工的に付け替えられ、三方垂直コンクリート護岸の水路が、クランク状に折れ曲がりながら住宅街を縫って通っている。
現在、流れる水も通年を通して殆どなく、川としての機能より郷土の遺跡という意味でその姿を保っている。

 

仙川上流端から桜堤団地中央公園まで

 

地形図

クリック、拡大表示でご覧ください。

地形図-1.gif

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

>160626photomap-1.jpg

 

    

 

仙川上流端

小金井市貫井北町三丁目、新小金井街道に、東京都が設置した「せんかわ上流端」の看板がある。実際に水路もここから始まる。

しかし下2枚の写真を見て分かる通り、これだけの川幅を持つ水の流れが、唐突にここから始まった訳ではなく、元々の源流部はここから更に西側、現在の東京サレジオ学園から情報通信研究機構本部辺りまで及んでいたらしい。上掲地形図を参照して頂ければ分かるようにサレジオ学園一帯は窪地となっており池もある。昭和30~40年頃には周囲に湧き水も見られたと言う。


ただここから上流部分は現在暗渠化されてその痕跡を見ることはできない。

160626(仙川-1).jpg

 

水路に沿っての通路が無いため、迂回しながら橋に出るしかない。

160626(仙川-2).jpg

 

上流側

新小金井街道の反対側(西側)に、元々は有った筈の水路は現在痕跡も見られない。

160626(仙川-3).jpg

 

小金井公務員住宅団地

「上流端」から僅かに下流側、小金井公務員住宅の敷地の中を通る水路。
川底はコンクリートで固められているが両岸は自然の風情を残している。残念ながらフェンスで中に立ち入ることはできない。両側に桜の巨木が並んでいて、花の時期は見事なことだろう。

160626(仙川-4).jpg

 

フェンスで水路には入れないが、水路に沿って辿ることが出来る。

160626(仙川-5).jpg

160626(仙川-6).jpg

 

水路脇の樹木が、桜からメタセコイアに変わる。これはこれでいい。

160626(仙川-7).jpg

160626(仙川-8).jpg

 

 

山王窪の築樋(つきどい)

地名の通り窪地になっている。

江戸時代に造られた水路同士の立体交差施設が有ったそうだ。
昭和初期、「死の水」化していた」仙川の水質緩和の為、小金井用水の水を仙川に一定量助水していたそうだが、現在その流れは見られない。

築樋の立体交差は現在も見られるそうだが、残念ながら見落としてしまった。

160626(仙川-9).jpg

 

160626(仙川-10).jpg

 

コンクリート三方直角護岸と、上を覆う切梁

切梁とは直角護岸の上を梯子状に覆う強度保持用のつっかい棒。鉄であったりコンクリートであったり。水路の風情を著しく損なう。
この先、野川宿橋まで殆どこの味気ない状態が続く。

160626(仙川-11).jpg

160626(仙川-12).jpg

 

大通りの脇を流れて、一旦暗渠となる。

160626(仙川-13).jpg

 

開渠となって、大通りから左側の住宅地に入る。
側道が無く、水路に沿って歩けない。

160626(仙川-14).jpg

160626(仙川-16).jpg

160626(仙川-17).jpg

 

すれ違いも難しい程の脇道が有ったので、僅かな間では有ったがここを通る。

160626(仙川-18).jpg

160626(仙川-19).jpg

 

この辺、UR都市機構グリーンタウン小金井の住宅棟が周囲に広がる。
水路に被さる切梁が無いだけでも随分雰囲気が変わる。

160626(仙川-20).jpg

160626(仙川-21).jpg

160626(仙川-22).jpg

 

    

 

浴恩館公園

公園の敷地を流れる。

160626(仙川-23).jpg

160626(仙川-30).jpg

160626(仙川-24).jpg

160626(仙川-27).jpg

160626(仙川-28).jpg

160626(仙川-29).jpg

 

公園から離れて、再び住宅街を縫って続く。

160626(仙川-32).jpg

160626(仙川-33).jpg

160626(仙川-35).jpg

 

ほぼ直角に曲がる水路。
仙川上流部はこう言った曲がり角が多い。人工水路の証拠でもある。

160626(仙川-36).jpg

160626(仙川-37).jpg

160626(仙川-38).jpg

160626(仙川-39).jpg

160626(仙川-40).jpg

 

左から入った水路が直角に曲がり、通りに沿って写真前方に向かう。

160626(仙川-41).jpg

 

流路脇に立つ庚申塔

160626(仙川-42).jpg

 

ここで大通りを渡って、道路の反対側に出る。

160626(仙川-43).jpg

160626(仙川-44).jpg

 

マンション風な建物の脇で直角に曲がり、通りから離れる。

160626(仙川-46).jpg

 

桜一の橋

桜一の橋から、一時的に護岸の様相が変わる。
こちら上流側。

160626(仙川-47).jpg

 

下流方向

周囲にマンションなどの住宅施設が広がる。護岸も石垣となり、当然切稜もなし。

160626(仙川-48).jpg

160626(仙川-49).jpg

 

桜堤団地中央公園

UR都市機構の住宅団地の中、小公園がある。

160626(仙川-54).jpg

 

>NEXT(桜堤団地中央公園から野川宿橋まで)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/422

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte