野川-1(野川源流、日立中央研究所大池)

 

野川

野川は国分寺東恋ヶ窪の日立中央研究所大池に源を発し、同国分寺市の元町用水(真姿の池湧水群、国分寺境内の湧水など)と合流、その後国分寺崖線に沿って東南に流れ、小金井市、三鷹市、調布市を通り、狛江市東野川で入間川を、世田谷区鎌田で仙川を合流して、二子玉川で多摩川に合流する、延長20.23㎞、流域面積69.6平方キロメートルの一級河川。多摩川、荒川などを除き、武蔵野台地では石神井川と並んで一番の大河と言っていいだろう。

又、野川で特筆すべき点と言えるのは全て自前の、沿線流域での湧水だけで流れを維持し、、他の台地上の河川のように「再生水」の調達によって流れを維持していない、と言うことである。目黒川、呑川、渋谷川などは殆ど再生水だけの流れだし、玉川上水も野火止用水も小平監視所から下流は事情が同じ。
なお、その他の水のやりくりについては、「現代のミステリー、川の流れの相関関係」参照。

その中で野川は、仙川合流までは兎も角国分寺崖線からの湧水だけで流れを維持している訳で、今時としては立派と言えるだろう。その分季節による水量の増減は致し方ない。
 

 

国分寺崖線と日立中央研究所大池

谷地型湧水

中央線国分寺駅の北に広がる広大な日立中央研究所。敷地の一角に崖線からの湧水を集めての大池がある。この大池が野川の源流となる。
普段は研究所内立ち入り禁止だが、ここの庭園が年に2回、春と秋に一般に公開される。春は桜、秋は紅葉の名所となっているらしい。

今回(2016年11月13日)は3回目の訪問、掲載写真も今回撮影が主だが、一部過去のものもある。特に大池の池尻の部分、JR中央本線をくぐって野川に繋がる現場は、近年立ち入り禁止になっていて、今となっては貴重な写真となっている。
花や紅葉も楽しみではあるが、私の一番の狙いは「野川源流」の湧水と大池、それを生み出すハケの風景。

公開されるのは敷地全体からすれば一部、敷地南側の庭園部分。
下の地形図を見ると分かるのだが、敷地の特に南側が、国分寺崖線から切れ込んだ谷地状になっている。それも結構顕著な崖。こう言う所に湧水が無くて何処に有る、と言う程の典型的な湧水地形。

今回も、他の野川沿線と比べても豊富な湧水を見ることが出来た。武蔵野が今のように開発される前は多分相当大量な水が湧き出していたんだろうな。
 

野川源流

この大池の水が中心的な源流として、敷地南側の道路やJR中央線をくぐって野川として姿を現し、下図に示された元町用水、殿ヶ谷戸庭園、東京経済大学新次郎池、貫井神社、滄浪庭園など、ハケ下湧水群の水を集めて国分寺崖線に沿って流れる。途中、野川公園、深大寺などの湧水も野川の水源となる。

 

 

国分寺崖線と野川源流-地形図

クリック、拡大表示でご覧下さい。

 

tikeiz.jpg

 

撮影データMap

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

161113hitati_photomap.jpg

 

 

    

 

 

日立中央研究所大池大池

正門

今回は特に受け付けもなかった。前回はただ人数の数字を書くだけの簡単な受付で入園

YOKL2349.JPG

 

返仁橋の下

正門をくぐると直ぐに深い谷を渡る。架かる橋は返仁橋。
谷の底は藪で見えないが水が流れている。水は大池に注ぐ。

YOKL2382.JPG

YOKL2383.JPG

 

研究所正面

大池には手前の道を左に行き、台地を降りる。

YOKL2380.JPG

 

模擬店やらなにやら

2015年の今回は朝方雨が降っていて、前回(2013年)に行ったときに比べ少し人出が少ない感じ。
芝生広場には色々な模擬店が並び、芝生は家族連れやカップルの休憩場所となる。残念ながらアルコール類持ち込み禁止なので、私にとっての休憩所とはならなかった。

YOKL2379.JPG

 

ハケ下へ

大池までは相当な高低差が有る

sigma-4.jpg

sigma-5.jpg

sigma-6.jpg

 

    

 

ハケ下湧水地

大池の周囲に何ヶ所か湧水地がある

YOKL2353.JPG

YOKL2362.JPG

 

YOKL2363.JPG

YOKL2364.JPG

YOKL2365.JPG

YOKL2356.JPG

YOKL2367.JPG

 

湧水地から大池へ

canon-6.jpg

 

 

大池

正面奥の水の流れ込みは、返仁橋下の谷からの流れか

YOKL2378.JPG

 

大池への流れ込み

YOKL2355.JPG

 

大池の眺め

YOKL2352.JPG

YOKL2357.JPG

YOKL2359.JPG

YOKL2360.JPG

YOKL2361.JPG

YOKL2368.JPG

canon-5.jpg

YOKL2370.JPG

 

大池周囲の遊歩道

大池の外側の遊歩道を通って、1周できる。

YOKL2358.JPG

YOKL2376.JPG

YOKL2377.JPG

 

野川へ

YOKL2373.JPG

YOKL2374.JPG

sigma-13_1.jpg

 

大池の俳水口

ここから中央本線の下をくぐって、水は野川へ

2013年開放時の写真。その後ロープを張って、ここまでの立ち入りは許可されなくなったようだ。

sigma-13_2.jpg

 

sigma-13_3.jpg

 

大池から野川へ

JR中央本線をくぐって、こちらに出る。

sigma13-12.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/91

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

水道道路(都会を貫く直線道路)

羽村山口軽便鉄道

多摩湖自転車道(東京で一番長い直線道路)

その他、水道道路

 

A la carte