丸子川番外-ハケに立つ文化財

 

国分寺崖線に立つ、二つの文化財

丸子川と谷戸川が合流する岡本地内に二つの文化財が有る。
静華堂、静嘉堂文庫美術館とその周りの静華堂緑地。及びその一環の岡本公園。
もう一つは世田谷区指定の有形文化財、小坂家別邸

下の地形図を見て貰うと分かるように、静嘉堂の南側は国分寺崖線が落ち込む崖が連なっていて、南に面して眺望の広がる高台が続く。同時に北側もまた、谷戸川が刻んだ谷が続く。つまり南に面しながら三方への眺望が開ける高台。
権力者や富豪が邸宅用としてこんな立地を見逃す筈がない。三菱財閥の第2代総帥岩崎弥之助(号・静嘉堂)もその一人。

 

地形図

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

岡本地形図.gif

 

 

    

 

下山橋

丸子川に掛る下山橋。ここから国分寺崖線に踏み込み、二つの施設に向かう。

写真右端に小坂別邸の、ハケ下からの入り口の門が見える。
岡本静華堂はその直ぐ先、道なりに左側を進んだ反対側に正門が有る。

160320marukogawa-55-2.jpg

 

 

岡本静華堂文庫・緑地

Wikipediaによると

静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ)は、東京都世田谷区岡本にある専門図書館及び美術館。日本および東洋の古典籍及び古美術品を収蔵する。三菱財閥の第2代総帥岩崎弥之助(号・静嘉堂)・第4代総帥岩崎小弥太父子の所有した庭園と遺品の古典籍・古美術コレクションを基礎として発足した財団法人静嘉堂の運営で、東京都世田谷区岡本の岡本静嘉堂緑地にある。
数多くの貴重な古典籍と古美術品を収蔵しており内外の古典籍を研究者向けに公開する私立の専門図書館であると同時に、併設する静嘉堂文庫美術館を通じて収蔵品を広く一般に公開する美術館活動を行っている。事業主体は、公益財団法人静嘉堂。

となっている。
私が行った日(2013/9/21)は工事か何かで、文庫、美術館は休館になっていたが、周囲の緑地には立ち入って散策することが出来た。

 

丸子川と谷戸川の谷に挟まれた、ハケの高台―静華堂緑地

静嘉堂文庫と周囲の緑地は、南に国分寺崖線の崖、北側に谷戸川の谷が切れ込み、その間に挟まれたハケの台地上に有る。ハケ上は松や雑木の鬱蒼たる林が広がり、その中に散策路が整備されていて、岩崎家の廟所もその緑地内に立っている。
ハケ下には付き物の豊富な湧水が、南側にも北側にも見られ、作庭に必須なアイテムとなっている。

岡本公園

静華堂緑地の南側のハケ下、丸子川に沿って岡本公園が整備され、湧水や民家園が見られる。
この岡本公園も含め、元々は静華堂・緑地と一体のものだったようだ。

seikadoryokuti2.jpg

 

    

 

正門

下山橋から昇ってくると静華堂の正門が有る。この写真は別の日の撮影で、月曜日だったので休館。門は締まっていた。

seikadoryokut_mon.jpg

 

谷戸川に掛かる紅葉橋

正門を入ったところ。前方谷戸川に掛る紅葉橋。静嘉堂文庫・緑地は突き当りを右に曲がってハケの上に出る。

seikadoryokuti001.jpg

 

seikadoryokuti012.jpg

 

橋からの谷戸川上流方向

>八之橋から流れてきた谷戸川。この先>丸子川に合流する。

seikadoryokuti01.jpg

 

ハケ下には湧水

seikadoryokuti002.jpg

seikadoryokuti14.jpg

 

ハケの上

崖線の上に美術館等が立っている。横長のパノラマになっていますから、スクロールしてご覧下さい。

pano-1.jpg

 

岩崎家廟所

seikadoryokuti6.jpg

 

灯篭

灯篭の間に、石段が下に続いている

seikadoryokuti7.jpg

 

回りは鬱蒼たるハケの森

こちらは北側(谷戸川方向)の崖

seikadoryokuti19.jpg

 

こんな松、初めて見た

seikadoryokuti4.jpg

 

丸子川側

ハケの下に岡本公園が広がり、脇を丸子川が流れている

seikadoryokuti10.jpg

 

ハケ下の岡本公園

元々は静嘉堂文庫・緑地と一体のものだったようだ。

160320marukogawa-49.jpg

marukogawa1-7.jpg

marukogawa1-8.jpg

marukogawa1-9.jpg

marukogawa1-10.jpg

 

民家園

岡本公園の一隅に有る「民家園」

marukogawa1-11.jpg

marukogawa1-12.jpg

 

 

小坂家別邸

静嘉堂程の規模には及ばないが、直ぐ近くにこれも国分寺崖線の高低差と、ハケの森・ハケの湧水の風情を活かした文化財が有る。

ハケ下の入り口

下山橋から直ぐのところに立っている。
ただこれが何の施設・建物なのか、注意書きだけは有るものの何も書いていない。「何かな?」と分からないながら入ってみた

kosaka_tei1.jpg

 

林の中に遊歩道

最初はハケの公園か?と思ったが

kosaka_tei2.jpg

 

ハケに付き物の湧水

kosaka_tei3.jpg

 

崖線を上がってゆくと建物が見える

ただしこの道は立ち入り禁止になっていた

kosaka_tei5.jpg

 

門をくぐって

kosaka_tei4.jpg

 

旧小坂家住宅(別邸)

kosaka_tei6.jpg

kosaka_tei7.jpg

 

玄関から

建物の中も立ち入り自由だし、頼めば係員が説明してくれるようだ。
三脚が使えないので、暗い邸内での撮影は無理だった。

kosaka_tei8.jpg

kosaka_tei9.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/112

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

羽村山口軽便鉄道 - 武蔵野を貫く奇跡の1本道

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系

 

A la carte