花の吉原、今・むかし

 

嬉し恥ずかし、吉原を歩く

江戸三千両

吉原、言わずと知れた遊郭の代名詞。
江戸時代、日に1000両動く所が、朝、昼、夜でそれぞれ一つずつ有ったと言う。朝千両が魚河岸、昼千両が芝居、そして夜の千両が吉原だった訳で、女性の辛吟を呑みこみながら、華やかな廓文化が花開いた。
元々は日本橋葺屋町(現在の日本橋人形町)に開かれた幕府公認の遊郭だったのだが、明暦の大火(1657)で焼失、浅草の地に移転されたとのこと。以前の日本橋の方を「元吉原」、浅草の方を「新吉原」と呼んだ。

今は日本最大のソープランド街になっている(下の地図中央、赤い点はソープランド)。中で繰り広げられる悲喜こもごもは、江戸時代の吉原遊郭と共通する点も有るだろう。

 

地図にない「吉原」

しかし今、東京に吉原と云う地名は無い。Google mapから「吉原」で検索しても表示されない。現在の地名は千束。特に千束3丁目から4丁目辺りを中心にソープランドが林立している。
実は今回初めてこのソープ街にも足を踏み入れて見た。

山谷掘を遡って

今回歩いたコースは、隅田川から山谷掘を遡る、かっての吉原通いの定番コース。と言っても、下のガイドにも有るように、大川(隅田川)から船(猪牙船)を仕立てての「山谷通い」は相当の金持ちだけに許された、贅沢コースでは有ったらしい。

山谷堀は現在暗渠となっていて、その上は緑道として「山谷掘公園」となっている。所どころに堀が有った時の橋の名残が往時を留める。春は桜の名所となることだろう。

yoshiwaratop.gif

 

OLD PHOTOS of JAPAN サイトから

こちらに、明治・大正・昭和期の貴重な写真が豊富に掲載されています。ジャンル別に見ることも出来ます。お勧めのサイト。
しかも「自分のブログに以下のテキストをコピペして、ブログの読者にもこの古写真を知らせよう。」との、寛大な計らい。写真の直接のコピペはお行儀が悪いかも知れないが、この粋な計らいに甘えて出典を明らかにしつつ、直接に貼り付けさせて貰います。皆さんは是非このサイトに足を運んで膨大な写真資料をご覧ください。

その中から「遊郭」のジャンル。

old1.jpgサイト記事から

東京の花柳街としてよく知られていた吉原にあった明治時代の遊廓の一つ。女達が窓の中に座っている。吉原について更に知りたい人は、「1900年代の東京 • 吉原の大門」を見ていただきたい。昔の日本の売春については「遊郭」を見ていただきたい。

 

隅田川から山谷掘を通って

東京メトロ銀座線の浅草駅から、吾妻橋手前を左折、隅田川沿いに歩く。この辺は隅田公園として整備されている。

吾妻橋上から定番の東京スカイツリー

yoshiwara1.jpg

 

隅田公園

yoshiwara2.jpg

 

山谷掘公園

隅田公園内に有る台東リバーサイドスポーツセンター付近で、平行する314を渡り、山谷掘公園に入る。下の写真の左奥が待乳山聖天。

yoshiwara3.jpg

yoshiwara5.jpg

yoshiwara4.jpg

かって猪牙船が行きかった山谷掘は今暗渠となり、緑道として山谷掘公園となっている

yoshiwara6.jpg

 

下流側には堀状のものが切られている。が特に水が流れている訳では無い。

yoshiwara7.5.jpg

堀は左右所を変えて

yoshiwara7.jpg

yoshiwara8.jpg

 

浅草高校脇のモニュメント

yoshiwara9.jpg

yoshiwara10.jpg

yoshiwara11.jpg

yoshiwara13.jpg

 

正岡子規の碑

子規は吉原遊郭の常連客だったとか

yoshiwara14.jpg

yoshiwara15.jpg

yoshiwara12.jpg

yoshiwara16.jpg

yoshiwara17.jpg

 

地方橋付近で緑道は終わり、平行して走る土手通りに出る。吉原大門は直ぐ近く

yoshiwara18.jpg

 

吉原大門

この交差点が「吉原大門」
ガソリンスタンド脇から入る。特に何のへんてつも無い風景。

yoshiwara19.jpg

 

天麩羅の伊勢屋と桜鍋の中江

ガソリンスタンドから、道路の反対側に有る老舗。伊勢屋は明治22年(西暦1889)の創業、中江は明治38年(西暦1905)創業とのこと。
かって遊郭帰りの客が立ち寄ったのじゃないか、と思わせる風情のある店で、特に伊勢屋はいつも並ばないと入れないらしい。

yoshiwara23.jpg

 

見返り柳

ガソリンスタンドの角に、ひっそりと「見返り柳」とその案内板、碑が立っていた。
説明は案内板で(クリックして拡大表示して下さい)。

yoshiwara20.jpg

yoshiwara21.jpg

 

吉原大門跡

ここから先、1夜で1000両が動くと言われた吉原の遊郭が広がっていたのだろうが、それにしてはこの「吉原大門」の柱、もう少し往時の面影を色濃く残しても良かったんじゃないか。これじゃよっぽど気を付けていないと見過ごしてしまう。
100年前の吉原大門の様子はこちら

yoshiwara22.jpg

 

大門跡から今入って来た道を振り返る。道路はS字になっていて、これは往時のままだと言う。真直ぐにしなかった理由は目隠しの為だと言うが、それは今の吉原ソープ街に出入りする人達(客も花魁たちも)に取っても好都合なことだろう。

yoshiwara22.5.jpg

 

花の吉原ソープ街

時間が早朝(7時~8時)だったので、それ程の「雰囲気」は無かったが、それでも店の入り口には客引きのお兄さんが立っていたりした。こちらはGパンにヤッケと云う風態だったので、幸か不幸か声は掛けられなかったし、写真を撮っても特に因縁をつけられることも無かった。
夜には又雰囲気がガラリと変わるのだろう。

yoshiwara24.jpg

yoshiwara25.jpg

yoshiwara26.jpg

yoshiwara27.jpg

yoshiwara26.5.jpg

 

吉原神社

大きくも無いが、ソープ街のチョッと奥まった所に有る

yoshiwara27.5.jpg

 

投げ込み寺

ソープ街から少し離れて浄閑寺。
かって遊郭の遊女たちが死んだあと、コモに包まれた程度の姿でこの寺に投げ込まれ・捨てられたとのことで、「投げ込み寺」と呼ばれていたと言う。

yoshiwara30.jpg

yoshiwara30.1.jpg

yoshiwara31.jpg

 

樋口一葉記念館

五千円札の顔、樋口一葉の記念館。記念館の前は児童公園になっている。
この地、下谷龍泉寺町(現在の台東区竜泉一丁目)は、一葉がで荒物と駄菓子を売る雑貨店を開いていたところ。

yoshiwara32.jpg

 

公園内に立っている、たけくらべの碑

yoshiwara33.jpg

yoshiwara34.jpg

yoshiwara35.jpg

 

待乳山聖天

帰りに待乳山聖天に立ち寄る。
亡き三遊亭円楽の落語『藪入』にも出てくる待乳山聖天。昔は高台の部類で多分遠くからでも眺められたのだろうな。

境内にケーブルカーのあるお寺や神社は始めて見た。下、一枚とんでその下の2枚参照。

yoshiwara36.jpg

 

メインの参拝道は、上の写真の左側から。

yoshiwara36.5.jpg

 

ケーブルカー

境内にケーブルカーが有って驚いた。勿論無料だし、ホンの数秒の時間。しかし、まっ、便利と云うより、どちらかと云うと無粋。
正面の階段は通行止め。かって何かこの階段で事故でも有ったんだろうか?

yoshiwara37.jpg

yoshiwara38.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/442

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

水道道路ー都会を貫く直線道路

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他