新緑の上高地

 

 

日帰り上高地撮影行

5月19日(金)夜発の夜行高速バスで上高地に行って来た。
翌朝5時半頃大正池に到着、順次梓川を遡りながら、16時15分溌の帰りバスに乗り込むまでの約11時間歩き回って来た(最後の3時間位はベンチで飲んだりうたた寝をして過ごしたけど)。

上高地は今更ここで説明するまでもなく、日本でも指折りの景勝地。
しょっちゅう行けるところでもないので手当たり次第にシャッターを押したのだが、写真を選別したりするのも面倒なので味噌くそ一緒にUPしておきます。枚数が多いので専用のアプリの力を借りて、Photo Gallery として掲載します。

紅葉の上高地」も併せてご覧ください。

 

上高地Photo Gallery

下の写真をクリックして下さい

フォトギャラリー形式で全部の写真が表示されます。
撮影Mapも下に掲載しておきますので、一緒にコースを辿ってみて下さい。

170519上高地-127.jpg

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

gps_map.jpg

 

 

ビューポイントピックアップ

上掲 Photo Gallery に写真は全て掲載してありますが、その中で一応ビューポイントとされる場所を以下にピックアップしておきます。
パノラマ写真と動画はGalleryに表示出来ませんので、下の項目でクリック、表示して下さい。

 

大正池~明神

おいら的に「上高地」の範囲は、下流の大正池から上流の徳沢くらい迄だと思っている。それより奥に入るともう北アルプスの「山岳」エリアと言う感じ。
だから出来れば今回も徳沢迄行きたい思いは有ったのだが、如何せん日帰り日程では時間的にも体力的にも無理。
…で、徳沢の手前、明神まで昇り、明神橋を渡って帰って来た。

 


 

大正池

昔は本当に波の無い静かな池だったが、洪水が有ったりして今は流れが目立つ。それでも今回は朝早かったせいか思ったより静かな水面が見れた。

 

焼岳

焼岳望遠

 

田代湿原、田代池

案内板にもあるように、かっては池だったが今は埋まって川のようになっている。そう言えば昔見た時にはもう少し幽玄な雰囲気だった気がする。しかし今でも水のキレイさに魅了される。

田代池パノラマ(画像をクリックすると拡大表示されます。スクロールしながらご覧ください)

田代湿原パノラマ (画像をクリックすると拡大表示されます。スクロールしながらご覧ください) 

 

上高地帝国ホテル

上高地の「一つの」シンボル。今回は裏(梓川側)からのアプローチだったので、順番もそうなっている。

 

河童橋

言わずと知れた上高地のシンボル。

 

清水川

水のキレイいさは特筆もの。

 

小梨平

気持ちのいいキャンプ場として整備されている。今迄3回ここでキャンプを張った。

 

穂高

梓川が上高地の血脈とすれば、穂高は上高地景観の背骨・大黒柱。Galleryの中で、至る所に顔を出す。

 

明神

嘉門次小屋

穂高神社

 

岳沢湿原

田代池・湿原と並んで水の景観が素晴らしい(ブラウザによって動画の表示方法が違うようです。ガイドに従って下さい)。

岳沢湿原動画

 

ウェストン碑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/496

コメントする

新着情報

カテゴリー別表示ですが随時更新しています。
新着情報は林檎倶楽部Blogをクリックして下さい。

撮影機材 その他

INDEX

写真は縮小表示の為黒くつぶれている場合があります。 クリックして拡大表示でご覧下さい

武蔵野-Top page

舞台は武蔵野 - 全てはここに

「関東平野・武蔵野」私的覚書 - 鵜呑み厳禁


母なる川、多摩川の風景

奥多摩・御岳

多摩川上総層群

玉川上水

武蔵野の地形地質との折り合い、奇跡の43Km

野火止用水 - 知恵伊豆、最初からの本命?

水道道路ー都会を貫く直線道路

六郷用水(次大夫堀)・丸子川

六郷用水-玉川上水より半世紀前に造られた23Km

丸子川支流-谷戸川

国分寺崖線

野川 - 武蔵野の湧水を集めて

仙川 - 野川最大の支流で水のミステリーの中心

深大寺周辺 - 国分寺崖線の奥座敷

中仙川緑道と入間川

谷戸川

矢沢川-九品仏川斬首で出来た等々力渓谷

国分寺崖線、終焉

立川崖線と青柳断層

ハケの清水と府中用水

残堀川

立川崖線終焉

南北崖線軸と山の手台地

皇居

渋谷と渋谷川

目黒川水系

神田川水系

呑川水系

石神井川水系

山の手台地 Others

武蔵野台地北縁

黒目川水系


武蔵野から離れて(A la carte)

上高地

木曽路

その他