飛水峡ー2018

 

飛水峡ー日本列島誕生の由来を示す地形と地質の景観

飛水峡は岐阜県加茂群七宗町から加茂郡白川町までの全長約12Kmにわたる峡谷。
流れに沿って国道41号線と高山本線が通っている。

 

大陸の縁が引きちぎられてできた日本列島

実は飛水峡を知ったのはNHKの『ジオジャパン』と言う、日本列島の成り立ちを取り上げた番組からだった。ここは日本列島の成り立ちを示す一つのキーポイント地で有るらしい。
この辺一帯は「美濃帯堆積岩類」と呼ばれるかなり幅広の地質帯が広がり、特に飛水峡の両側は「チャート」と呼ばれる、非常に固い岩石層が続いている。ここのチャートと全く同じものが、1400キロも離れたロシアのハバロフスクで見られるのだと言う。つまりかって大陸に有ったこの地層が、大陸の縁が引きちぎられる形で剥がされ今の地まで移動、それが今の日本列島の骨格を形成していると言う訳だ。剥がされた割れ目は今の日本海になっている。

飛水峡とチャート(chert、角岩)

チャートは堆積岩の一種。主成分は石英や水晶と同じ二酸化ケイ素(SiO2)で、その成分の殻をもつ放散虫等の微生物の死骸が堆積してできた岩石(生物由来でなく熱水噴出孔からの成分由来のものも有ると言う)。遠洋深海底で堆積されたもので、その為陸からの砂や泥、火山灰などを含まず、炭酸塩鉱物も深海の水圧で水溶されて含まれない。深海の水圧で押し固められ極めて硬く、堆積のスピードも1000年に1mm或は0.3mmとか言う超スローだと言う。
石灰岩も同じく生物由来の堆積岩だが、サンゴなど、光合成によって育つ浅い海での遺骸が堆積したもので、炭酸カルシウムを主成分とする。その点で同じ海洋性堆積岩でも大きく違う。

チャート岩そのものは上述のように、砂・泥・火山灰などを含まないが、堆積に伴い砂岩や泥岩などを挟んで層状を呈している場合が多い。深海にまで及ぶ大規模な「地球事変」によるものだろうか、或はプレートによって運ばれ陸地に押し上げられる際、複雑に互層した結果の複合体(コンプレックス)なのだろうか。
又含まれる金属元素などによってさまざまな色を呈する。例えば飛水峡にも赤い色のチャート層が見られるが、当然鉄分(酸化鉄)を含んだ層であると言うことと、この層が堆積した時代、旺盛な植物の繁茂が続き、地球規模で酸素濃度が高かったと言うことが分かる。

チャートも石灰岩も日本の至る所で見られるが、東京でも奥多摩の海沢川上流部などで特徴的なチャート岩を見られる。
又硬い、と言うことで風化を免れたチャートが河床の礫の中に頻繁に見られる。

渓谷と甌穴群(おうけつぐん)

硬い、と言うことで水の浸食は外側に広がらず、河床を深くえぐり渓谷を形成する。
狭い渓谷を流れる激流によって運ばれた石が、岩盤表面に引っ掛かり流速による渦巻き運動でそこに円形の穴をあける。甌穴(ポットホール)と呼ばれるが、飛水峡の「甌穴群」は有名で国の天然記念物になっている。

日本最古の岩石

七宗町上麻生付近の飛騨川河床で、日本最古(20億年前)の岩石(花崗片麻岩)が見つかっている(もう1ヶ所、島根県隠岐島後)。
…と言っても飛水峡のチャートや砂岩の地層全体が20億年前に形成されたと言うことでは無く(地層の形成は中生代の三畳紀~ジュラ紀ー約2億4000万~約1億6000万年前で、これはこれで十分に古い)、地層に挟まれた礫岩層の中にその礫片が含まれていたと言うこと。
要するに20億年前に当時の大陸に分布していた岩石が、約2億年程前に礫として運ばれ海底に堆積、地層に紛れ込んだと言うことだろう。いずれにしてもこの地が、列島の中でも最も古い時代に形成されたことには違いない。

※ この礫の年代測定をした名古屋大学年代測定研究部によると、20.5億年前に固結した花崗岩が17.5億年前に変成作用を受けたもので、見つかっているモノの中で日本列島最古とされる。しかもその中に更に10億年も古い、30.5億年前、或いは35.6億年前のジルコン粒子が含まれていたと言う。このように古い岩石はクラトンと呼ばれる安定大陸由来しか考えられず、列島の地質学的歴史の再検討が迫られることになるらしい。

 

地形図

クリック拡大表示でご覧下さい。

hisui_tikeiz.png

 

撮影Map

クリックするとGooglemapと連動して表示されます。

2018年、突然Googlemapでの表示が不調となり、解決の方法も有りません(Googleの仕様変更かも)。しかしmap上の位置関係は判別できますので、引き続きそのまま表示します。

hisui_map.jpg

 

    

 

 

  飛水峡 Photo Gallery

下の写真をクリックして下さい。

Photo album型式で写真が表示されます。

hisui.png

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://y-ok.com/mt-tb.cgi/609

コメントする

撮影機材 その他

INDEX

Top page

木曽川水系

飛騨川水系

長良川水系

揖斐川水系

歴史を辿る、中山道、他

安曇野に身を委ねる

その他